読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

忘却の彼方だったNEVER6…何気に「危険な香り」が?

新日本プロレス

✳︎


プロレスへのアツい情熱と、
胃袋へのアツい飯テロ(笑)が素晴らしい、
コチラのブロガーさんの記事を読むまで。



鯱狗は、ぶっちゃけ存在すら忘れていた、

…NEVER6。



次戦は、

LIJ(EVIL/BUSHI/SANADA)
vs
田口ジャパン(田口/棚橋/リコシェ)

という、中西を交代してのリマッチ。



セイシをかけた激闘の末に、
ヒロムの前に散った田口監督は、さておき。



NJCの1回戦で完敗を喫した棚橋が、
ここでまたしても、EVILと対峙する…?



「俺は燃えカス」と自嘲した、棚橋が?

「愉快痛快」な田口ジャパンとして??



一体、どんな「顔」をして???





…鯱狗は「まだ早い」と踏んでいたのですが。



ここで、棚橋が。

「自暴自棄な無気力ファイト」に終始して。



「ヒールターン」の可能性。



あるんじゃね?



それこそ、これがWWEだったら、
鯱狗の体感確率90%の「フラグ」ですよ!w



何気にコレは「危険な香り」が致します。

鯱狗の中で、一気に関心が高まりました!





…しかし。



もし、ここで「棚橋のヒールターン」なんて「大ネタ」を使われたなら。






「NEVER6を『魅力あるベルト』にする!」

と、息巻いていたBUSHIの立場は一体…(苦笑)。





…流石に。

棚橋の「ロス・インゴベルナブレス入り」は、無いとは思いますが(汗)。

(ソレをやっちゃったら、CHAOSオカダの軍門に下った後藤なんか目じゃないぐらい、ミジメ過ぎる…)



ではでは!

柴田「オカダは『レインメーカー』としてプロレスラーをやっている」って

新日本プロレス

✳︎

…うん。

ゴメン、我慢し切れない。



言っちゃうぞ、このヤロー!(爆)





徹底的に、会社から「プロテクト」されて。

「疑惑」について「沈黙」を貫く、柴田が。



「ザ・レスラー」が。





その発言は、オモシロ過ぎますって!!!(ゲス顔)

ギャグか?自虐ギャグのつもりなのか!?(困惑顔)





やっぱ「キャプテン・クワナーズ」の「笑いのセンス」は、
他を圧倒していますね!(そんなことより猫カワイイよ!)



…いや〜、コレでオカダが。

「ボクの『素の部分』が見たい…ですか?(笑)」

「そうですねぇ…」



「『内臓がズレるぐらい』蹴られたら、見せちゃうかもしれませんね?(笑)」



とか、返してくれたら、もうサイコーなんですがwww



…そりゃ、絶対に言わねぇですわな(苦笑)。





こーゆーコトを書いちゃうクソ野郎なんですよ、鯱狗は。

ふへへへ…ではでは!

柴田はまさかの「転向」狙い!?…マジで内藤を意識してる??

続・オカダ推し妄想論

✳︎

前々記事にて、

「仮想ストンコ」の柴田と、
「仮想ロック様」の内藤は、
「競合」する。

という、妄想見解を書いたワケですが。



そんな鯱狗に「衝撃」を与える、柴田の発言。



3.22東スポweb




【認めたくない存在なのか】
いや、別にそんなに悪くも思ってないんですよ。むしろ、オカダのことを認めないやつは、何で認めないの?くらい思ってますよ。

【オカダは現代プロレスの象徴的存在で、天龍源一郎引退試合の相手も務めた】
俺、見に行ってましたから。実際、「スゴイな、オカダ」と思いましたよ。3年前よりも懐が深くなってるだろうし。あいつが今のプロレスの象徴だからこそ、自分がやってきた18年間のプロレスをぶつけたいですね。





えっ、嘘でしょ?(汗)



…17.1.4の「盟友(笑)」後藤戦に向けたコメントで、

「アイツは迷走することにかけてはブレない」

という「名言」を吐いて。

(…冷静に柴田の「経歴」を考えると、「迷言」と言えなくもないw)

負けブックですら、試合後の観客の「声援」を掻っさらった。



「長州流・焼畑農業」の「系譜」を汲む、あの柴田が。



「むしろ、オカダのことを認めないやつは、何で認めないの?くらい思ってますよ」



って、マジで??(汗)



それは、下手すりゃ「転向」ですよ。

…そう。



「藤波流・定住農業」への。

(「プロレス」なので「農業」に変わりはありません。「ブック」の無い「格闘技」が「狩猟」であり、その「興行戦争」とはつまり…長くなるので止めときます、ハイw)



「何のために?」



鯱狗が…考えに考え抜いた、妄想見解。



柴田は、「焼畑農業民」としての「感性」で。



「気付いた」のでは?



わずか「1年前」に。

他ならぬ「焼畑農業」の「復興」の「旗手」である、



内藤によって。



「収穫」されてしまった。

オカダという「土壌」は。

自分が求める「収穫量」を得るには。



「養分」が「足りない」と。



だから、ここは「肥料」を与える。

「土壌」を、まずは「快復」させる。



…そして。

「1年前の焼き直し」と言われないように。



「勝利」して、なお。

「相手の格を落とさない」

つまりは「藤波流・定住農業」の「プロレス」を魅せることで。



内藤との「差別化」を図ろうと、目論んでいるのでは?



…そもそも。

内藤と柴田の「噛み合わなさ」は、

「同属嫌悪」に因るモノ。



そう考えれば。

トップ戦線入りに当たって、ここで「転向」を図るのは。

ある意味で「自然」とさえ、言えるかもしれないワケで。



何より、オカダ戦の「裏側」で。

柴田が、内藤を「意識しまくっている」としたら。

自称クソスマート(失笑)の鯱狗的には、



面白くて仕方が無い!!!(爆)



…だから、オカダファンは辞められないw

こんなにも素晴らしい「触媒」なんですから。



クソみたいな「活字プロレス」は、

この、辺境の辺境の僻地で。

まだまだ、死んじゃいませんよ?(笑顔)



以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました!

柴田vsオカダの、もう一つの「正念場」

続・オカダ推し妄想論

✳︎

極めて「シンプルな問い」です。



ケニーの「雪崩式ドラゴンスープレックス」も、
タイガーWの「雪崩式タイガードライバー」も、



「返してしまった」オカダを。



あの「スタイル」と「コンディション」の柴田が。



どうやって「仕留める」よ?…って話。



柴田の「スリーパー→PK」には、

「ピープルズ・エルボー」のような、

「説得力」は、まだ「足りない」。





…オカダは、PKを「返す」んじゃね?

そこからツームストンを決めて、

オカダに「飽きた」観客を「絶望」させる。



そして。

「必殺」のレインメーカーが、

柴田に炸裂…



しない!!!

柴田が躱す!!!



裏を取って、再びスリーパー・ホールド!



…離さない!!!

もはや無我夢中!!!



レフェリーが気付く!



オカダ、立ったまま失神!!!!!



レフェリーはゴングを要請!!!

咆哮する柴田、なおも離さない!!!



止めに行ったレフェリーが弾き飛ばされる!

後藤も含めたCHAOS総出で、

やっと柴田を引き剥がす!!!



柴田、咆哮!!!

崩れ落ちるオカダ!!!

駆け寄るCHAOSメンバー!!!



狂乱!!!!!





…どうでしょう(笑)。

「スリーパー・ホールド」で「決着」する、
極めて「健全なプロレス」というのは?w



これなら、

上述した「雪崩式」を凌いできた、
オカダといえども「耐え切れまい」。



…コレやってくれたら、

紛れもなく、柴田勝頼は、



「ザ・レスラー」



だと思うんですケドねw



泡を吹いてマットに突っ伏すオカダ、
ってのも、なかなか「絵」になるしw

(注:鯱狗はオカダの大ファンです!)



そんな余談の妄想でございました(苦笑)。

ではでは!

柴田vsオカダは「正念場」かもしれない…内藤にとって

続・オカダ推し妄想論

✳︎

NJCを見事制覇して、オカダに3年越の「宿題」を叩き返した柴田。
 
そして、会場の大コールにもかかわらず、姿を見せなかったオカダ。
 
柴田は早速、
「オカダは逃げたとも取れる」
「ここまで過保護にしていいのか」
と、口撃の口火を切りました。
 
 
 
…これはね。
 
盛り上がらないワケが無いのですよ。
 
 
 
愚直であり不器用な「求道者ギミック」の柴田と!
 
クールでスカした「塩王者ギミック」のオカダとw
 
 
 
「スイング」しまくりですもん!!(笑)
 
 
 
オカダとしても、久しぶりに「理想のプロレス」に回帰できて、
案外喜んでいるんじゃないですか?…鯱狗の妄想ですが(苦笑)。
 
 
 
…んで。「表題」の件。
 
 
 
オカダは変わらず、
「憎たらしい横綱相撲」でオーケーw
 
ようは「リック・フレアー→トリプルH」の「系譜」を、
より「現在の新日的」に「リメイク」してみせれば良い。
 
その点は、
「作られたナチュラルヒール」
であるオカダにとっては、お手のモノw
 
 
 
そして柴田は、
極めて「ストーンコールド」的な「アティチュード」を、
実に「和製」な「ギミック」として体現してみせました。
 
 
 
「Don’t trust anybody」
 
 
 
「本隊」に在りながら、「孤高」を貫く。
 
その「ストンコ性」は。
 
 
 
内藤をも、凌駕するのでは?
 
 
 
実際、内藤の「本質」は「ピープルズ・チャンプ」であり、
それは「ストンコ」ではなく「ザ・ロック」に属するモノ。
 
 
 
…と、すれば。
 
 
 
NEVER戦線を脱した柴田が、
トップ戦線入りを果たすのなら。
 
 
 
柴田が「競合」するのは、
 
オカダではなく、内藤ですよ。
 
 
 
オカダは「触媒」であり「踏み台」。
 
上手くやれば、柴田もまた、
内藤と同様に「飛躍」の好機です。
 
 
 
その時。
 
「自由」にして「不自由」なる、
 
「IC王者」という「立ち位置」の、内藤が。
 
 
 
果たして、
 
いかなる「手段」で「存在感」を維持して、
 
あわよくば「競合相手」さえ「食う」のか。
 
 
 
コレが、今シーズンの「要注目テーマ」になってくると、
自称クソスマート(失笑)の鯱狗は、楽しみにしております。
 
 
 
…なんせ、「切り札」の「棚橋という手札」を。
 
内藤は、もう「切って」しまっていますからね。
 
 
 
「骨肉の争い」の「手札」を、
どこまで「温存」するのかな?
 
どこまで…EVILを「肥えさせる」?
 
 
 
ふふっ、ゾクゾクしてきますw
 
 
 
以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
オカダを「会社に保護されてる」って言い切れるシバターさんは、
なんてーか、まったく「別の意味」で、度胸があるよね…(ボソリ)。

白石晃士監督が描く「現代のドン・キホーテ」達

雑記

✳︎

『オカルト』の「地獄だぞおじさん」。

そして、

ノロイ』の「最強の霊能力者・堀光男」。

或いは、

『コワすぎ!』の「先生」。

もちろん、

「江野祥平サーガ」も、また。



…白石監督は。

まったく「美化」することさえなく、
「勇者/魔王」に転化せしめるのが。

絶妙に上手いw



特に、堀光男。

ノロイ』単独でも迫真なのですが。

いわゆる「白石ユニバース」の「構造」が、
かなり明らかとなった今、改めて見返すと。



この人は、

なんて「巨大な深淵」を知りながら、
そして「己の無力さ」を知りながら、

それでも、

たった一人の女の子を「救い出す」ために、
立ち向かった、紛れも無い「勇者」であり。

そして…最後に。

「アルミホイル・アーマー」を脱ぎ捨て、

何の「文脈」も「聖別」も為されていない、
ただの、握り拳大の「石コロ」を握り締め、

現れた、その姿の…「悲愴」。



「死」よりも「恐ろしいモノ」を、

知りながら。



「そうするしかなかった」

ただ、カナのための「弔合戦」。



堀光男の「勇気」を思えばこそ、

先生の「邪悪」に「吐き気」を催すのです。





「江野クン」は、

「救ってくれた」のだろうか。

彷徨えるカナの「魂」を。

そして堀光男の「魂」を。

「壊れてしまったセカイ」を「やり直す」。

…その「片隅」で。

黒沢清監督と白石晃士監督の「共鳴」

雑記

✳︎

黒沢清監督の
『CURE』『カリスマ』『回路』



白石晃士監督の
『オカルト』『殺人ワークショップ』『ある優しき殺人者の記録』

そして、

「VシネのB級モキュメンタリー」の体を成しながら、
まさかの「伏線まみれの連続ストーリー作品」という、

『戦慄怪奇ファイル・コワすぎ!』サーガ。

(この1㎜も作家性を感じさせない、頭の悪すぎるタイトルさえ、白石監督の確信犯!)

(しかも、その『最終章』が、まさかの『オカルト』『殺人ワークショップ』から連なる「江野祥平サーガ」の「最終章」でもある…って、商業作品を全力で趣味同人に引っ張る確信犯!!)

(江野クンは「天使」!!!)



…ゴホン!(咳払い)

え〜、この両監督の作品群。

正統派のスタイリッシュな厨弐病(笑)文法の黒沢監督と、

モキュメンタリーに憑かれた変態(汗)文法の白石監督と。

「文法」の違いこそあれ、
「主題」の部分が物凄く。

「肉薄」しているのではないでしょうか。



すなわち。



「此岸」と「彼岸」は、

「重なり合って」おり、

その「レイヤー」を、

つまりは「幽冥の境」を、

分かつモノは「唯一つ」。



「人倫」であると。



自らの強靭な意志力であれ、

抗いようの無い強制であれ、



「人倫」を、「踏破」してしまえば。



そこは「彼岸」なのだと。



…この「世界観」。

鯱狗は、ごく個人的に。

物凄く「共鳴」してしまうのです。



白石監督の初期作『ノロイ』では、
まだ正統派のモキュメンタリーとして、
「儀式」には民俗学的な「文脈」が肉付けされていた。

それが『コワすぎ!最終章』ともなると、
「試練」の内容から、明らかに意図的に、
「文脈」がごっそり削ぎ落とされている。



…鯱狗は、その「試練」を見て。

初代ポケモンの「バグ技」を思い出しましたよ、マジで(苦笑)。



「文脈」という「アナログ」を剥ぎ取られた先に、剥き出しの「世界」は。

「人倫」によって「プロテクト」された、無限の「デジタル」の「荒野」。

それでも、なお。

「人」として「生きる」ことを願うのなら。

ワゴン車で撥ね飛ばして、
金属バットを振りかざして、

「踏破」し続けるしかないのだ。



「個人的な物語の回復」のための、

「社会的な秩序の破壊」という解。



両監督の、世間の評価は存じ上げませんが。

その幾つかの作品は、鯱狗にとって。



灯台」で、在り続けるのでしょう。



妖かとも見紛う灯が煌々と。
決して目を離してはならぬ。
然れども近付いてはならぬ。



以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました。