読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

何故、2017年から《SAKURA GENESIS》なのか…ある「疑念」の話

新日本プロレス

✳︎

今年、2017年。

「春の両国」の大会名が。

INVASION ATTACK》から。

《SAKURA GENESIS》に、変わります。



「何故」



「大会名を変えるのか」



「大会名」の変更とは。

すなわち「ブランドイメージ」の変更。

そこに「理由が無い」とは、



考えられません。



「何か」を。

「変えよう」としている。



2017年。

「何か」が、確かに「変わり始めて」います。



…そう。



2017年の幕を開けた、

「ケニーとのイッテンヨン」から。



オカダが、変わり始めている。



「作られたチャンピオン」であるところの、オカダ。



…こんなに、

「相手に合わせて、技を受ける試合運び」を。

してましたっけ?



それこそ、ハルク・ホーガンばりの、

「アメプロ志向のテンプレ試合」で、

ファンの不満を募らせていたのでは?



オカダが「変わろうとしている」のか。

オカダに「変わってよい」と会社が許可したのか。

オカダに「変わるように」と会社が命令したのか。



一つには、
内藤が「主役」として「確立された」ことがあるでしょう。

「踏み台」のオカダに、必ずしも頼る必要性が無くなった。

IWGP棚橋とIC中邑の時代を思わせる両輪体制へと移行して、
両雄の激突は「切り札」として温存の方針に見受けられます。
(だからこそ、内藤のNJC参戦を「却下」したのではないかと)

そのためには、
「戦略的に凋落させたIWGPの権威」を、
「改めて回復」させなければならない。

言い換えれば、

「作られたチャンピオン」からの、
一定の「ギミックチェンジ」です。

…更に言うならば。

「仮想WWEチャンピオンのオカダ」

という「ギミック」からの「脱却」。



それを「決定付けた」と鯱狗が考えるのが、以前にも取り上げました、



17.1.30の、オカダのTwitter



「AJ/Cena < Okada/Omega」



内容らしい内容の無い(苦笑)オカダのTwitterで、突如発せられた「攻撃」。

本来がアメプロ志向であるはずのオカダが、突如として発した「攻撃」。



…これは、

どんな雑誌インタビュー記事よりも「雄弁」な。



「木谷オーナー」から、

WWEへの「宣戦布告」であると。



鯱狗には、そう思えてならないのです。



そう考えれば、内藤が、

「海外よりもまず、国内の大会を超満員にするのが先ではないか」

と「疑問」を呈するのにも、



「逆説的」に、「解釈」が可能です。



すなわち。



IWGPを「世界向け」とするのに対して、

ICを「国内向け」と位置付ける、

「2ブランド制」の確立です。



…実のところ。

内藤の凄まじい「ハード・バンプ」は、
確かに「海外視聴者」にも通じますが。

内藤の「本当の魅力」である、
「ネチネチとした正論責め」は。



相当に、ニュージャパンを熱心に追い掛けてくれていない限り、

国内のファン以外には、なかなか「完全には通じない」のです。



だからこそ、「分業」とする。



海外志向を強める新日に対する、国内ファンの「不満」さえも、

「ピープルズ・チャンプ」として確立された、今の内藤ならば。

逆に、国内ファンからの「支持」に「反転」できるのですから。



つまりは、典型的な。

「グッドコップ&バッドコップ」



「内藤の主役としての確立」と、

「オカダのレスラーとしての変化」は。



密接かつ不可分に、

「連動」しているのでは?



…そして。



IWGPの国際化」について。



「明言しているレスラー」がいます。



そうです。







「ハート・ダンジョン」を擁し、かつて…クリス・ベノワを輩出した、

レスリング志向」の強いカナダ出身。

悪名高い「バックヤード・レスリング」の出身者。



そして。



「PURORESU」に憧れて、来日したガイジンレスラー。



…鯱狗がこれまでも何度か使った、

「PURORESU」という「用語」。



これは、英語版wikipediaを御覧頂ければ、分かります。



つまりは「ルチャ・リブレ」と一緒。

「日本のプロレス」の「イメージ」を指す、

英語圏の「表現」です。



その「中身」は。



ストロングスタイル」と。

四天王プロレス」の、「融合」。



「ギミック」「アングル」「マイク」を重視するアメプロへの、



一種の「対抗概念」。



「ストイック」で「ハードコア」。

あたかも、

「サムライのレスリング」のような。



そんな「幻想」。



ここで見逃せないのが、その「幻想」は、

「非英語圏」の新日が「海外進出」を図る上で、

極めて「都合が良い」という点。



「線」としての「アングル」を完全に伝え切れなくとも。

「点」としての「フィジカルの衝突」さえ魅せられれば。



それは「PURORESU」たり得るのです。



…お気付きでしょうか。



その「構図」が。

かつての「新日のショーマンシップ」に対する「アンチテーゼ」としての。



「全日の四天王プロレス」と「同様の構図」を描いていることに。

(あの、他ならぬ馬場が、アメプロに批判的な発言を繰り返していた事実を思い出して下さい)





…それでは。

「冒頭の問い」に対する、鯱狗の「回答」です。



「SAKURA」という「日本語」。

これは「PURORESU」と「同義」。



「英語圏」に向けた、

ジャポニズム幻想」に基づく「ブランド展開」の「宣言」です。



「フィジカルの衝突」の「インフレ」は、



もはや「不可避」であり。



鯱狗のような、

「アティチュード期のWWEファン」のような人種は、

「戦略的」に切り捨てられる「マニア」に分類される。





…のかも、しれません。





ユークス新日の「象徴」が棚橋だとしたら。

ブシロード新日の「象徴」は。



レインメーカー・ショック」のオカダでもなければ、

「ロス・インゴベルナブレス旋風」の内藤でもない。



それは、

「PURORESU」のケニーなのかもしれない。





「ニュージャパンだけはガチ」





…すべては、鯱狗の「妄想」です。

辺境の辺境の自称クソスマートの「妄言」。

ブームに水を差すような「悪影響」なんて、あるワケもない。

そんな、下らない「妄言」。



以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました。

石井…

新日本プロレス

✳︎

ケニーの勝ち確とか予測したのは、本当に申し訳無かった。

ごめんなさい。



しかし…。



41歳が、アレ、やっちゃう?

メインとはいえ、NJCの1回戦で??

てか、柴田vs鈴木じゃ、メインは無理???

棚橋EVILと同じように「前哨戦」を盛り上げた柴田鈴木ではなく。

内藤のIWGPに挑戦を表明して、大ブーイングを浴びた昨年以来、

特にストーリーラインに絡んでいたワケでもないCHAOSの石井が、

メインでケニーを破る「大金星」を挙げられた「理由」というのは、

「因縁」も何も無い、ただ純粋な「フィジカルの衝突」のチカラ?

確かに…ソレをやれるのが、NJCという「大会」の醍醐味かもしれない。

そして、恐らく「NJCで寝るなら、相手は石井」を要望したのはケニー。

16.12.1スポーツナビより

(もし、自分で対戦相手を選べたなら、誰を指名したかったですか?)
「石井だね。G1でオカダを破った相手を自分が倒したかった。ドームでオレがベルトを取ったら、一番最初の挑戦者には石井を指名するかもしれない。まだシングルで戦ったこともないしね。ファンも見たいんじゃないかな」



もう、何も言えません…。



棚橋が、せっかく「衰えを魅せてる」のに。



さぁ、次は誰が、ケニーとメインのシングルで戦る?





前から書き続けてる「記事」があります。

「結論」の先出しになりますが。





ユークス新日の「象徴」が棚橋だとしたら。

ブシロード新日の「象徴」は。



レインメーカー・ショック」のオカダでもなければ、

「ロス・インゴベルナブレス旋風」の内藤でもない。



それは、

「PURORESU」のケニーですよ。



辺境の辺境のクソブログで、呟く。

…何気無く書きましたが

新日本プロレス

✳︎

ファレの本隊入り…良くね?w

どうせバレクラにいたって、
うだつの上がらない「ジ・アンダーボス(笑)」止まり。

本隊入りしたファレが、ケニーに向かって。

「Hey, Kenny」

「…Speak Japanese!」

「ここは日本だ。喋れるんなら、日本語で喋れ!」

ってやったら、普通にカッコ良くね?w



…で、こちらのブロガーさんが。


「準決勝で、永田vsファレの青義軍対決があり得る!」

という、素晴らしい視点を提示して下さいまして♪

…あの「太陽のエース」棚橋を下して、今、乗りに乗っているEVILに、
永田サンが勝てるかどうか、めっちゃキツイのは分かってますが(汗)。

「可能性が広がる」のは、面白いですよね!

ではでは!

NJC1回戦・雑感(3.11愛知)

新日本プロレス

✳︎

◯永田vsタンガロア
鯱狗の予想は当たり。
今回の永田はストーリー性がハンパ無いし、ロアはまだシングルだと個性が弱いかなぁ。

◯矢野vsタマトンガ
鯱狗の予想はハズレ。
タマちゃんはもうちょっと報われても良くね?矢野のアレは、G1の星調整ならともかく、トーナメントだとシラける…。

エルガンvs◯ファレ
鯱狗の予想はハズレ。
いや、こちらのブロックで上がるBCメンバーは、タマちゃんだと思ってましたので(苦笑)。ファレはなぁ…ホントはケニーより日本語ペラペラの、新日生え抜きでしょ?本隊の出稼ぎ白人エルガンとトレードして欲しい(ボソリ)。

棚橋vs◯EVIL
鯱狗の予想(というか希望)は当たり。
あの毒霧は、棚橋への「慈悲」か?EVIL単独で締めさせる内藤の親心…であり、外道オカダとの「差別化」を図る強かな計算も見え隠れ(笑)。

ラフ殺法を解禁しても、一応は反則(苦笑)の毒霧以外には介入無しで敗れて、「ただの燃えカス」と自嘲した棚橋。

…ヒールターンを読む声も増えてきましたが。

やっぱり、まだ「時期じゃない」と考えます。


以前にも書きましたが、

①ヒールユニットが多過ぎる

②肝心の「本隊」が「本隊であるイデオロギー」を担っているのが、棚橋しかいない。

というワケで、棚橋の「役割」はまず、ヒール側の内藤に対して、ベビー側の「後進育成」でしょう。

それが終わった2〜3年のスパンで、ヒールターンはアリかと。

ではでは!

オカダがジャンボ鶴田だとしたら

新日本プロレス

✳︎

棚橋はハンセン。
ケニーが長州。



内藤は天龍。



ヒロムは?



…言いたかないね。



以上。

内藤!…トランキーロだ、トランキーロ!

新日本プロレス
✳︎
17.3.7後楽園ホール、旗揚げ記念大会。

メインの6人タッグでCHAOSを下した、
ロス・インゴベルナブレス内藤のマイク。



「ブエノスノーチェス、後楽園ホール!」

「昨日の大田区、今日の後楽園、この2日間に渡って開催された旗揚げ記念大会、最後を締めるのはもちろん、今、最も輝いてるユニットである、我々LIJになってしまいました」

「45周年イヤーも、LIJが、応援して下さる皆さんに、様々な話題を提供し、そしてこのリングを更に盛り上げていきます。今年の後楽園では初の試合後のマイク、思う存分に叫んで下さい」

「ロス・インゴベルナァァァブレェェェス…デ・ハ・ポン!」



…あれ?

あの、内藤サン??



マイクの「切れ味」。



鈍りました?(汗)



今、最も輝いてるユニット」って、
ソレを「自分で言っちゃう」のは。



「作られたナチュラルヒール」の、
CHAOSオカダの「役割」では??



「輝いてる」かどうかを決めるのは、



「御客様」なのでは???



「御客様」を無視して、鼻に付く自画自賛(失笑)を繰り返す、
オカダの「ナチュラルヒール」ぶりに辟易していたファンに。



「御客様第一主義」を提示するコトで、
遂に爆発的な「支持」を獲得したのが。

ロス・インゴベルナブレス内藤だったのでは?



まして、内藤の「支持層」は、明らかに「スマート」寄り。

御新規の「マーク」な「ライト層」狙いで良いオカダとは、



求められる「発言の重み」が違うワケです。



…現にこうして、クソスマートの辺境ブロガーに、噛み付かれてる(苦笑)。



オカダは「作られたナチュラルヒール」ですから、
「軽薄な失言」は、むしろウェルカムなんですよ。

ソレに鋭く「ツッコミ」を入れるコトで、
「主役」の内藤が、まさに「輝く」から。



だからこそ、内藤が「ボケ」ちゃダメなんですよ!

オカダに後藤にヨシハシに矢野に石井。
CHAOSが「ボケ」ユニットなんですから。





…内藤サン、トランキーロですよ、トランキーロw

「主役は俺だ!」時代の「悪いクセ」を出さないように(苦笑)。

こないだの「『IWGP王者』は発言権が違う」も含めて。

ちょっとだけ…ちょっとだけ。

「緊張感」が緩んでるかも、しれませんからね?



ファンなんて、簡単に「掌返し」する。



誰よりも「知っている」のが、アナタなんですから…。



「サラリーマン・レスラー」
オカダの大ファンでもある鯱狗としては。

「ピープルズ・チャンプ」
内藤が「主役」であり続けてくれなくちゃ!



以上、ではではw

NJC会見〜3.7旗揚げ戦の雑感

新日本プロレス

✳︎

本間のNJCリザーバーは永田。IWGPタッグがテンコジだったことを含め、所属選手に対する、会社からの「切り捨てない」というメッセージか。
とりあえず、内藤がリザーバーという悪趣味な展開は、流石に無かったので良し。


会見で、前哨戦で、EVILにボコされ続ける棚橋。…あまりにも棚橋の「劇勝フラグ」が立ち過ぎではないか?ついこないだのオカダ鈴木も含め、このパターンはいい加減に食傷。EVILの「意外な下剋上勝利」を期待。


東スポを通じて、オカダが内藤に「俺を構えよ〜」とメッセージ。

「王者としての誇りが無いんじゃないですか?ベルトも放り投げるくらいですし。まぁどっちが輝いて見えるかって言ったら、分かりきった話。選択性の意味は無くなったと思いますよ」

ようするに「ツッコミ待ちのボケ」。クソスマートの鯱狗的には、オカダはまさに「これで良い」。タイガーマスクW戦の内容には失望しかなかったが、軌道修正を切に望む。

「作られたチャンピオン」「作られたナチュラルヒール」としての、

「『薄っぺらな存在感』という『分厚い存在感』」

を回復すれば、あんなクソみたいな試合展開は必要無い。失笑するようなアメプロ志向に回帰してくれ、頼む。

鯱狗は、

「フィジカルの衝突」を食いたいんじゃない。

「アティチュードの激突」を食いたいんだ。

鯱狗は、同い年のオカダの、大ファンなんだ。カート・アングルじゃねーけど、ホントのホントに。エンセリオ、これマジ!
(ヨシタツ並に節操の無い、熱いパクリ)


そして、オカダから気になる発言。

IWGPを懸けて戦ったことが無い相手と戦いたい」

…柴田か?柴田優勝フラグか??

ベタにケニーを大本命と見ている鯱狗ですが、最悪だったタイガー戦を思うと、オカダvsケニーは「当分、見たくない」。

…どうせ、イヤでも「7月まで」に。

「ケニーが片翼の天使をオカダに決めて、IWGPを初戴冠」

となるのは、決まってるようなモノなのだから。

ファンとして、オカダが失冠するのは別に構わない(むしろ、オカダには少し自由な戦いを与えてやって欲しい)ですが、

「雪崩式タイガードライバー」さえも、

「上回るような技」を受けるオカダは、



まったく、絶対に、見たくない。



オカダvsケニーは、少しファンの「ほとぼり」を冷ましてからにして欲しい。

そういう「意味」では、オカダvs柴田なら、ちょうど「1.4ケニー戦の次の鈴木」の「役割」を期待できる。

…「何もかも失った(意味深)」な柴田が、早くもトップ戦線入りできるのかは、さておき(苦笑)。

それがダメなら、EVIL優勝のコンチ挑戦で。

とにかく「今、このタイミング」での、ケニー優勝は、絶対に阻止して欲しい。


そして問題が、3.7後楽園の旗揚げ記念興行…メイン。

ちょっと、独立記事で書きます。



ひとまず、ここまで。