社畜な鯱狗の妄想雑記

吾唯足知、即身仏。南無、阿弥陀佛。

詩集『円周』全20選

ビザール、幻視痛、バザール ロケット・ボーイ 灼 summer fall (the catcher in the LIE) 炎昼の、深海 衆生でかると救世おかると観音 トカゲの小唄 絶対☆カワイイ♡シフォン主義( ̄^ ̄)ゞ p.o.n. 先頭車両の気狂い 即興2017.7.4 empress of emptiness 白蛇の…

小説『青春タンクデサント』全10話

他にも余談だったり、また、気分が乗ったら(笑)、 サイド、アナザー、パラレル(?)のエピソードを、 “bナンバリング”扱いにて、書くかもしれませんw 記事冒頭のカテゴリー“青春タンクデサント”にて、 引き続き、よろしくお願い申し上げますm(_ _)m

【食レポ】毒蛇の果実

orcadawg.hatenablog.com ✳︎ 正邪を判断するほどの知性は、 既にルシファーに魅入られて、 その邪悪は手遅れであるのだ。 その邪悪を更に知性に拠って、 超克しようという傲慢の大罪。 主イエスは選別なさる。 主イエスは選別なさる。 主イエスは選別なさる…

Since 1849

✳︎Silence is Gold.See NO Evil.Hear NO Evil.I am Rich NOW!You are Rich NOW!“Damnatio Memoriae”That is The FINAL Solution.NOW I am Gone.Good-bye!

(正しい)針の穴を覗く(誤って)

ae7chu.hatenablog.com virtualinsanity.hatenablog.com yoshitakaoka.hatenablog.com orcadawg.hatenablog.com

狂人檄文

m.youtube.com orcadawg.hatenablog.com ✳︎ 【小噺:台無し聖書】 イエスは仰られた。 「人はパンのみにて生くるにあらず」 --ケーキを頬張りながら!(爆笑) 本当の“差別主義者”は、 「自分が“差別主義者”である」とは、 “自覚”していないのが常。 俺は、 …

Since 1984

orcadawg.hatenablog.com orcadawg.hatenablog.com orcadawg.hatenablog.com orcadawg.hatenablog.com orcadawg.hatenablog.com ✳︎ 父より賜りし“右翼ファシズム”も、 母より賜りし“左翼リベラリズム”も、 同等に信奉している。 私は1987年に生を受けて、 『…

【概略】民主リベラリズム理想国家(ユートピア)論

すばらしい新世界〔新訳版〕 (ハヤカワepi文庫)作者: オルダス・ハクスリー,水戸部功,大森望出版社/メーカー: 早川書房発売日: 2017/01/07メディア: 文庫この商品を含むブログ (6件) を見る natgeo.nikkeibp.co.jp ✳︎ ◆遺伝子操作による、総ての新生児の知性…

メモ

✳︎【“リベラリズム≠自由主義”について】“リベラリズム=啓蒙主義”“無自覚”により“ナチズム”に至る。“リバタリアニズム=自由主義”“自覚”により“ファシズム”に至る。【“寛容の適否”について】“リベラリスト”は、「科学的な善悪」により決定する。従って“公正主…

罪と罰(或いは生命工学的救済)

私の、“罪”は。 品性下劣な、“人で無し”の、 “ルンペンプロレタリアート”であること。 “罪”は、“誇大妄想”であり、 “ファシズム”に、憧憬を抱いた。 私の、“罰”は。 其れを、“自覚”できる程度には、 “インテリゲンチャ”であること。 “罰”は、“自己嫌悪”であ…

……ダメだ

✳︎私は、意志薄弱すぎる。完璧なる“アンガー・マネージメント”を。“ソーマ”を。生命工学よ。私に、投与して下さい。愛即是吾唯足知。愛即是吾唯足知。愛即是吾唯足知。愛即是吾唯足知。愛即是吾唯足知。

奉仕歌

✳︎此の塵の爆ぜて不知火還りたし南無阿弥陀佛と繭ぞ唱えよ

平和歌

✳︎発酵の温もり冥き夕凪や詠み人知らずの喜捨ぞ揺蕩う

蟷螂歌

✳︎振り仰ぐ蟷螂の斧破戒せむ車輪の猛き神ぞ聳えて

Punchline - The Getaway

I think you’re ugly on the inside. The getaway, The things that stay. If this is how you’re gonna be, Then I think you should go away. You’re the rockstar, Tuned out, come tune back in. If this is how you’re gonna be, Then you’re not human…

Jimmy Eat World - Sweetness

This sweetness will not be concerned with me.

《ジン横丁》にて

✳︎……ああ、また、アンタか。版画家のアンちゃん、よぉ。まぁ、またいつもみたいに、好きにスケッチしていきな。しかして、今日は、何やら、表通りが騒がしいが、はて。……ああ、そうかい。当代きっての、“詩人”殿が、《ビール通り》で、朗読会を開くと。ソイ…

(blank space)

✳︎以上、余白。宇宙空間に投げ出されて、無重力の、真空で。僕の声は、誰にも届かないみたいだ。やっぱり、届かないみたいだ。空っぽの星が祝福しても、僕の声は。誰にも、届いちゃいない。今や、詩情さえもライフハックの時代。今や、霊感さえもライフハッ…

今年は2007年(確信)

✳︎(折角なので公開w)全豪……フェデラー全仏……ナダル全英……フェデラー全米……???フェデラーさんじゅうごさい、おめでとうございます!!!……この世のあらゆるスポーツで、(フィクションや“プロレス”含めて)フェデラーを超える“主人公”、ナダルを超える“ライ…

【私訳】Limp Bizkit - My Way

m.youtube.com ✳︎ (from 3rd Album “Chocolate Starfish And The Hotdog Flavored Water”) 俺のメロディを、聞き止めてくれないか…… 特別…… アンタは、自分が特別だと思ってるだろ アンタの目を見りゃ、バレバレなんだよ 俺を笑い者にする時も、俺を見下す時…

フレッド・ダーストと大仁田厚の“名言(?)”

m.youtube.com m.youtube.com ✳︎ フレッド・ダースト(Limp Bizkit) 「俺のことを、とやかく言う奴がいるが、反論する気にはなれない。職業柄、仕方無いだろうよ。確かに、どうにかしなきゃならない、クソったれなことはある。だけども、それが人生なんだ。ま…

仮説

otominarukami.hatenablog.com ✳︎ アルバムを出せば、何千万枚も売れて。 ライブを演れば、何万人のファンが跳ねて。 カネも名誉も、手に入れて。 元プレイメイトのトロフィー・ワイフも。 6人の子宝にも、恵まれて。 --それでも。 “届いた実感”が。 “無か…

シンクロニシティ

azanaerunawano5to4.hatenablog.com ae7chu.hatenablog.com ✳︎ 前記事で、Limp Bizkitのフレッド・ダースト、 プロレスラーの大仁田厚に、言及しましたが。 両者に共通する“感性”は、結局のところ。 自分が嫌われまくってるのは、知っている。 嫌われても傷…

R.I.P.

m.youtube.com ✳︎ エディ・ゲレロ。 そして、クリス・ベノワ。 クリス・コーネル。 そして、チェスター・ベニントン。 --連鎖。 フレッド・ダーストは。大仁田厚は。 この“結末”は、迎えそうに無い。 という、その一点において、 エンターテイナーとして“…

レスラーの危険技の自由 ≒ 電通社員のサビ残の自由

✳︎折角だから、刺激的なタイトルを付けよっか(笑)。「危険技批判は選手に失礼」論って、よーするに。優秀で勤勉な学生が、“野心と覚悟”を持って、業界に入ったんだから、“たかが過労死”ぐらいで、電通サマを批判するな!……っていう「論法」と。「本質的に同…

「“危険技ガー”批判」に、反論しよっか?(溜息)

✳︎ぶっちゃけ、ダリィけど(失笑)。①「受身」の技術で大丈夫!論内藤(ほか)の受身は超一流だから!(キリッ)◆「三沢の受身は超一流だから!(キリッ)」って時代から、進歩しない、歴史を学ばない、ただのアホ。論外(NOSAWAの話ではない)。②「安全な技」なんて無…

【2017・G1】内藤哲也vs飯伏幸太を、糾弾しようか(失笑)

✳︎まず初めに、書いておく。自分は、その試合を観ていない。ワープロも、とっくに解約した。試合を観ていないけれども、言わせて貰う。試合を観ていないからこそ、言わせて貰う。馬鹿は、死んでも、治らねーのな?(嘲笑)本間朋晃選手は「事故」だった。柴田…

【たとひわれ死のかげの谷を農王系】必読の「反語的“カーゴ・カルト”叙事詩」的な!

ncode.syosetu.com the-cosmological-fort.hatenablog.com ✳︎ ……猛烈に「後悔」している。 以前より登録していた、 TCF様の《うちゅうてきなとりで》。 もっと早く、きちんと、読み込むべきであった!!! まずは“詩”において! あの「質」の作品を、“ポエム…

【ヘビーメタルと文芸少女】全123話読了!

kakuyomu.jp otominarukami.hatenablog.com ✳︎ 45話までの感想はコチラ! http://orcadawg.hatenablog.com/entry/2017/06/07/010635 ネタバレとか一切、気にせず書くので御注意!(>_<) オーケー? それではまた、順不同の箇条書きにw ◆ 美山はNINにハマった…

【ヘビーメタルと文芸少女】3章/45話まで読了!

kakuyomu.jp otominarukami.hatenablog.com ✳︎ 最近、お気に入りの、コチラのブログ様♪ 良きパパにして、生き様が「ロック」!(笑) 30歳の鯱狗が憧れる、オジサマ枠でございますw そして、小説を公開されているんですよね! ……鯱狗は、昔から。 自分が気合を…

【茜橋で待ってます】完結キター!!!(≧∀≦)

yoshitakaoka.hatenablog.com yoshitakaoka.hatenablog.com ✳︎ 最近、発見したコチラのブログ様!!! めちゃくちゃ「澄んだコトバ」を書かれていらして、 更新が楽しみで楽しみで、仕方無かったのですが! 特に、今回の『茜橋で待ってます』は、 もう、ド真…

倉阪鬼一郎『波上館の犯罪』を《第五の奇書》に推す

波上館の犯罪 (講談社ノベルス)作者: 倉阪鬼一郎出版社/メーカー: 講談社発売日: 2014/08/07メディア: 新書この商品を含むブログ (1件) を見る もちろん、アフィリエイトではない。ただ、一人でも多く、読みたまへ(笑)。注:「犯人」を含めて、以下のレビュ…

✳︎さようなら!さようなら!さようなら!私は光。貴女に絵本を与えた、盲の執事。私は影。青年の白杖を預かる、聾の侍女。私は波紋。常闇に手慰む、古ぼけたピアノ。私は粒子。少女の静謐な、水彩のスケッチ。私は希求。無銘の丘に建つ、素朴な御屋敷。私は…

愛を讃える歌

✳︎つまるところ。恋とは、相互不理解への不安、であり。愛とは、相互理解への安心、ですから。思えば。ずっと、ずうっと。陳腐ながら、有り体に。私という男子は恋多き、恋に恋する乙女であり。人間に。恋焦がれていたやうな、そんな気が、致します。現状は…

玉響歌

✳︎勾玉の揺れる漣軋ませて久遠と響く翡翠ひとひら

阿呆酔夢の即興、或いは鎮魂歌

✳︎--なぁ、アンタは。小腹が空いたから、食うタイプか。ムラリとしたから、犯すタイプか。アクビが出たから、眠るタイプか。惚れたから、愛すタイプか。憎んだから、殺すタイプか。死ぬまで批評家で、死ぬまで冷笑家で。健康で、文化的な人生だな、まった…

天獄の視える島

✳︎【愛を想う】俺は、壊れている。其れは、俺が特別だからではない。俺が、凡庸な人間、であるからだ。凡庸な人間は、壊れている。意識的にせよ、無意識的にせよ、愛、という権威に縋らなければ、生存さえままならぬほどに、凡庸な人間は、壊れていて、生命…

即興2017.7.4

✳︎あの飛翔体は、届くという人がいる。届かないという人がいる。そんなことは、どうだって良くて。今日を選んで、飛び込む人がいる。鮨詰めの電車のどこかで、二時間以上も、立ち尽くした、私がいる。舌打ちが聞こえる。舌打ちが聞こえる。車窓の向こうには…

塩湖にて

✳︎白く朽ち果てる、その湖畔で。真二つに折れた、無銘の剣に。暫し、ただ、祈りを捧ぐ。炎昼に、帽子を目深に正して。リュートの弦を調律したなら。どうか、惑わぬようにと。インディゴの獣の、霊験も灼かな、一振りのカイトで、宙を斬り伏す。褪せた雲海を…

その空蝉を、愛づ。

✳︎祭囃子が、遠く聞ゆ。白無垢の、煌くは刹那。翔び去るは、忘却の彼方。然れども、証は不滅の故に。滑かな、飴細工は金字塔なり。やがて明ければ、騒擾の時雨も。空蝉は凛として、静謐に睥睨せん。凡そ白痴の餓鬼ども、僕には構うな。この地の底で僕は、そ…

世界文壇構想の記

✳︎もはや、此の世に。模倣ではない、本当など、遺されているのだろうか。この、煉獄のやうな、恋さえも。過去、或いは、未来のいずれか。全ては、悉く、語り尽くされた。あとは、銘を、消費するばかり。銘を、ぐるぐる、ぐるぐる、と。--世界は、文壇だ。…

p.o.n.

✳︎機械的な機械。人間的な人間。ユートピアの待合室。ごった返している。処方箋を手にする。そのために、生きている。処方箋さえあれば、薬なんて要らない。もう永いこと、こうしている。清潔な白衣。消毒された恩寵。医師の不在。死ぬまでは、生きている。…

empress of emptiness

✳︎流砂の底に、沈みゆく免罪符を。僕らは、我先にと、奪い合う。腕を引き千切り、脚を引っこ抜き、頭蓋を叩き割り、臓腑を抉り合う。血と膿が、地と海を成す。偽書。原罪は、その聖餅を崇めて、食さぬこと。血と膿、濃密に立ち込める汗さえも、本当は。中空…

✳︎そして、燃え落ちるのは、月か?俺の瞼か?意図せぬ、愛おしさを噛み殺し、俺の毛皮が、逆立つのを感じる。愛撫とは。グラスの中で、稀釈された殴打。だから、優雅に飲み干して、鉤爪で握り潰す。銀食器の、鋭利な恍惚。その、千年の楼閣から睥睨すれば、…

しろがね号、西へ

✳︎嗚呼、銀の列車が、往くよ。往ってしまう。僕の肉体を、置き去りにして。無人の市街を、しろがね号が、往く。嗚呼、銀の列車が、征くよ。征ってしまう。僕の霊魂を、連れ去りにして。人波の荒野を、しろがね号が、征く。嗚呼、銀の列車が、逝くよ。逝って…

偽典・K

✳︎おとうとは、ひつじを、飼っていました。おとうとは、ひつじを、可愛がっていました。おとうとは、ひつじと、幸せでした。おとうとは、泣きながら。ひつじを、殴って、殴って、殴って。殴って、殺しました。パパは、たいそう、喜びました。そして、ぼくに…

summer fall (the catcher in the LIE)

✳︎鉄条網の向こうには、世界が広がっている。トグロを巻く、有刺鉄線の、向こうには、きっと。だから僕らは、こうして、秘密基地を築き上げて、来たるべき、戦いに備えた。真っ赤な複葉機に、マヌケな導火線を生やした、爆弾を、ぶら下げて。決行の日。監視…

汚れちまった悲しみだとかさ

✳︎今さら、唄うやうなモンじゃ、ねぇけれど。寂しいかと、問われたら、寂しいだろうね。どうせ君に、問われたりしないだろうから、寂しいだろうね。どうせ、君にはさ、ねぇ。ペロンペロンに酔っ払っても、愉快だとは、とてもね、言えねぇけれど。寂しいやう…

生まれ、落ちる、ための、遺書を

✳︎みんな、気付いてる。造花へ水を遣り続けていることに。みんな、気付いてる。あの葡萄が酸っぱいんじゃなくて。この世の葡萄は酸っぱいんだって。みんな、気付いてる。誰も気付かないフリをしてるだけ。みんな、気付いてる。僕らに。あと、どれだけ。バベ…

腑に、落ちる。

✳︎口蓋でグジャリと咀嚼して。咽頭よりゴクリと嚥下して。ナルホド。腑に、落ちたよ。耳腔を味蕾で愛撫する。鼻腔を獣臭で陵辱する。即物的であるが故に、紛れも無く科学的だ。安眠を喰い尽くす。惰眠を犯し尽くす。赫い竜の。腑に、落ちる。吐瀉物も同然の…