読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

ファシスト見習い。すべては音楽。詩集『円周』。

先頭車両の気狂い

✳︎嘘のような。本当の話でも、しようか。実に、今朝ほどの、ことさ。肘が当たったか、足を踏んだかの、騒ぎが、一つ前の、電車であって。私が、飛び乗った先頭車両は、実際のところ、飛び乗るまでもなく、発車する気配など、無かった。そんな、先頭車両に、…

炎昼の、深海

✳︎彩りどりの。薔薇の園庭を、抜けて。受付の金魚に、切符を渡す。錦鯉の学芸員が、愛想良く。私を、底へと導く。動物園というのは、嫌いだ。どうして、あんなにも。明るく、振舞えるのだろう。ふと、私は。繭の中で、糸を吐き続ける。白蛇の令嬢を、想う。…

荒野に打ち捨つらる、レゾンデートルの黄衣

✳︎此処に、引き金がある。引くのを恐れる、僕がいて。嬉々として引く、俺がいて。引いては悶える、私がいて。バエルには、三つの首が、あるという。猫と、ヒキガエルと、老王と。カエサル、ナポレオン、ムッソリーニ。為すべきことを成して、括ることが。幸…

紙の椅子 (basilisk interlude)

✳︎ペラペラの、紙の椅子に。座ろうとする者がいたら。危ないよと、誰かが声を。掛けるのが、当然の話だ。なんて非道い悪戯をする。血も涙も無い卑劣漢には。それ相応の報いが必要だ。ガソリンをブチ撒ければ。きっと、良く燃えるはず。さぁ、ソイツを捕まえ…

archaïque smile chamber

✳︎「どうか、私の思う人を、救ひたまへ」と。弱々しく泣く、その小蜘蛛に、「それでは、糸を垂らせば、よろしい」と。告げる仏陀の、邪悪な笑みが、俺のされこうべの盃を満たした、優雅な血の池に、浮かび上がる。the hell has a name,“operant chamber for …

衆生でかると救世おかると観音

✳︎【文明】もう、何にも思わなくなったなら。もう、何とも思わなくなったなら。死ぬるまでもなく、居らぬも同然。私は、私の不在を証明したいのだ。私は、アリバイを証明したいのだ。二度と、事情を聴取されぬために。猫も杓子も「我思う」ほどに、「我思う…

東京上空五万米

✳︎「ツマラヌ映画というヤツは、だいたい」「渋谷のスクランブル交差点の、雑踏で」「神妙な顔をしているモノなのだよ(笑)」ナルホド、金言を聞いたワケだと、東京タワーの天井桟敷から、石コロを、思い切り投げてみたトコロで、当たるワケが無いのだ。洗面…

鯨になりてぇ。

✳︎味がしないのに、腹が減るってのも理不尽。何食わぬ顔で、何食ったっていいんだけど。仙人か、鯨みたいに。霞食って生きたいね。死ぬまで、霞食って生きたいね。寝転んで。頭ン中の深夜ラジオに、周波数を合わせる。Syrup16gとか、懐かしいね。ヤバいね。…

【自薦】中原中也を想う、三篇の詩歌に寄せて

✳︎“怪物は”http://orcadawg.hatenablog.com/entry/2017/05/11/004856“トカゲの小唄”http://orcadawg.hatenablog.com/entry/2017/05/11/005046“路傍の神話”http://orcadawg.hatenablog.com/entry/2017/05/11/005349些か、驚いている。よもや、己から、このよ…

路傍の神話

✳︎【一】人は。誰しも、一粒の種を握り締め、生まれてくる。霜に閉ざされ、懸命に言葉を覚えて、引き換えに、雪解けの地表の、いったい何処に、芽吹くというのか。どうしたって、思い出せないのだ。【二】陽は。二人の子を成した。此岸には火星。全知にして…

トカゲの小唄

✳︎ワタを切って、クビを切って、このトカゲはまだ、息をしているよ。御覧なさい、手足がもぞもぞ動いてる。後生大事に、尻尾を守っているンだね。トカゲが何か、言ってるよ。蝶々が恋をするのなら、蛹の中でどろりとした芋虫は、微睡みながら、いったい、ど…

怪物は

✳︎学校の中庭に、デンと構えた焼却炉の、赤黒い舌でもって、ぐわららぁ、ぐわららぁ、と、夜毎に私を、責めるのです。手前は幸せにならねば、ならぬ。手前は幸せにならねば、ならぬ、と。だから、私は慄きながら、裏庭に、ヌッと聳えるトーテムポールに、訊…

テセウス・ファック・インサイド

✳︎スクラップ、リビルド、スクラップ。ハンズクラップ。クラップ、クラップ。クラック、スモーク、クラック。記憶の連続を担保にして、ありったけの胸肉を借りる。一滴の血も零すことなく、オナンが孕ませた救世主のように。ハンズクラップ。クラップ、クラ…

「好きなものは好きなんだ!!!」

✳︎そう叫ぶたび。僕の魂は、醜く肥え太る。形容詞を喪って。主語と目的語で、肥え太る。醜く肥え太った、僕の魂は。形容し難い、グリフォンの笑みを浮かべる。ウィリアム・ブレイクのグリモワールが、炎天下の断頭台で、天球を止めるように。世界は美しい。…

【RESET】ashes-to-ashes【RESET】in-dust-real【RESET】

✳︎【WARNING!!】【WARNING!!】情熱の燃え滓。埃まみれの現実。年甲斐も無く。工業的大量生産。警句。バースデー・ケーキの蛆。灰は灰に。毒虫は、毒虫らしく。這い回っていれば良かったのだ。後光がネガを焼き尽くす。記憶。塵に還れ。手前の在るべき酒蔵。…

ヘンペルの死せる匣、ヤヌスの腐れた鴉

✳︎結局、ミダス王を僭称する私の右手は、ライカンスロープの衝動に抗えぬまま、ロスアラモスのメフィストフェレスの、その複眼で、薔薇を匣に閉じ込めては、液体窒素の涎塗れの、穢らわしい指で、握り潰してしまうのだ。粉々の硝子に。結局、私は匣の猫を殺…

真空/étranger

✳︎音が、止んだ。私が、止めた。私はこうして、死んでいく。独り善がりの、悪意に塗れ。鼓動が止まる、それなのに。心臓は決して、止められず。自業自得の、真空。無間地獄の、真空。もう、何も、聞こえない。もう、何も、届かなくて。さよなら。肺に残され…

marionette manticore

✳︎無数の爆撃機が、共感の涙を落とす。陽炎が立ち込める、その湿原に、背中から蹴り落とせば、客席からは、勃起した喜捨が、塹壕を殲滅せんと、レギオンを成して、襲い掛かるのだろう。クリスティーヌの屍蝋からは、鼻がもげるほどの悪臭。速やかに押収。フ…

この、吐き気がするほど、美しい世界へ

✳︎ありがとう。こんなにも、惨めな気持ちを。タダで授けてくれて。タダで!アスファルトに灼き付いた、ミミズの死骸を、見下ろす俺を、見下ろす神を、躊躇無く、踏み潰す。靴底に、ベットリと。コールタール。砕け散った俺の頭蓋を、拾い集めて、天球儀を拵…

習作・ベルフェゴールの商売

✳︎どーもどーも、いらっしゃいませー♪ンン?……イメージと違いますって?いやいや、アナタは実際、幸運の星に恵まれていらっしゃる!定期休業・不定期開業のぼくの店に、こうして辿り着いたじゃあ、ありませんか!遣る気だって出るモンだし、遣る気が無けりゃ…

焔の家

✳︎腐敗した水が、ドボドボと降り注ぐ。瓶の底から……缶の底から……。墜落して砕け散る円盤。出来損ないの、ぼくの宇宙人を殺す。誘拐という名の逃避。融解する視界のトゲ。滑らかな烈火。地球人は、溺れ死ぬために、生まれてくるのだろうか……?要塞の図書館を…

白蛇の庭、敬虔の園/World After End

✳︎蒼白に燃ゆる防弾リムジン、自由落下するサナトリウム。末期の水に産湯を使いては、白髪三千丈で縊り縄を編む。沙汰を待てとの沙汰は永劫、然れど生前もまた然りなど。キネマトグラフを一瞥して、嘯くは虚舟より墜つる皇女。ギヤマンの双眸に智を湛え、ア…

無銘の花、鳥葬の城/End After World

✳︎「ご覧なさいな、西陽が昇ってきたよ」キミが笑った。相変わらず、無表情に。その鳥居の奥には、悪しき仏が棲まう。ボクらは名前が無いってワケじゃない。ただ、要らないだけで、知らないだけ。ビッグバンを誰が聞いていたのだろう。どうやら、これから確…

ハッピーエンドのために(注釈)

✳︎ 「ゲームをしよう」 012512 王冠を被った無縁仏、桜花を掲げた吸血鬼。 独房には、逆さ吊りの燻製ニシンを捧げる。 揚げ足を取れ、揚げ足を取れ、電話を取れ。 オマエには殆ど悪意しか残されてないから。 シロガネの挽肉製造機を見たかい?…花火! 受話器…

goodogodd

✳︎ 【WARNING: EVERYTHING A JOKE】 朝食シリアルの注意書きの、序章を熟読。 アンタの智慧が実り熟れ腐り朽ち、 引き寄せられる。それは、斥力。 怒張して勃起した無垢な無謬を、 俺のお口に突っ込みたいんだろ? ガムシロップの砂漠で溺死する音楽。 身体…

ビザール、幻視痛、バザール

✳︎ 味覚、腐臭。地下鉄。 俺が生ける屍でないことを担保する、 1ポンドの胸肉。こめかみの処女膜。 深夜のスーパー、特売の死者の群れが。 それさえも、水槽に浮かんではいない、 という保証は?(エシュロン、ミミズ形態) 足元の東京タワー、経血。 我思う、…

blah, blah, blah,

✳︎ イドの底から這い上がるバロウズ曰く、 「告発されるのは、オレか?アンタか?ラッダイト・エクス・マキナか?」 [ligits] 知能指数70を下回れば、 刑務所か風俗がセーフティネットの、 美しい国ニッポンに、hellyeah! 賛美歌が聞こえる、hallelujah! で…