社畜な鯱狗の妄想雑記

愛即是吾唯足知--精進あるのみ也

【7】オカダは木谷オーナーの「操り人形」って?…その通り!

✳︎

テンプレ試合、塩マイク、などなど、オカダを彩る数々の批判。

それらを一つに結実させたイメージが、すなわち、

「オカダは作られたチャンピオン」

というものでしょう。

実のところ鯱狗は、
オカダの「今」の本質は「作られたチャンピオン」ではなく、「作られた◯◯◯」である…という「結論」を用意しているのですが、
まぁ、トランキーロ、焦らないでいきたいと思います(笑)。

…と、この時点で気付かれた方もいらっしゃるかと存じ上げますが、
鯱狗は、オカダが「作られた」存在であることには、まったく異論ございません。
(もちろん、過酷なトレーニングを通じた、レスラーとしてのフィジカル面の話は別として、です)

それどころか、オカダは、木谷オーナーを始めとした経営陣により、
綿密にコントロールされた「操り人形」であり、まったくの「サラリーマン・レスラー」であるとさえ、疑ってはいないのです。

その上で、無名のイチリーマンとして、鯱狗はまぁ偉そうにも、
オカダの「スゴさ」に心から尊敬の念を禁じ得ないのです。

押し潰されそうなほどの、熱烈なプロレスファンからの毀誉褒貶を一身に浴びながら、会社を背負っての滅私奉公。

棚橋のように、酸いも甘いも噛み分けられるようになる、人生の修行期間などありませんでした。

いきなり、団体の「エース」に抜擢され、
木谷オーナーの綿密な計算に基づく「操り人形」として、
完璧に振る舞わなければならなかった。

そして、鯱狗の見解では、
オカダはその「難題」を、120%の「完成度」で、見事にこなしてみせたのです。

オカダの演じ切った「操り人形」が、果たしていかに「困難」なモノであったか。

順を追って検討していきたく存じ上げます。