社畜な鯱狗の妄想雑記

愛即是吾唯足知--精進あるのみ也

【10】木谷オーナーが打った「神の一手」…すなわち「マクガフィン」

✳︎

注:
ここからいよいよ妄想が酷くなります。
特に、熱烈なロス・インゴベルナブレスのファンの方には、あまり目にして欲しくない内容です。
予め御承知おき願います。

ロスインゴ内藤は、3.14の木谷オーナー批判を以って、本当の意味で「羽化」した。これが鯱狗の妄想見解。

では、その発端は?

そう、皆様が御存知の通りの「2億円プロジェクト」発言です。

ところで、この「2億円プロジェクト」発言。

いったい、いつ、世に公言されたのか。

答えは、2.13の東京スポーツの記事。

ただ、「それだけ」なのです。

3.14の1ヶ月も前。
公式発表でもなければ、専門誌のインタビューでもない。あの、東スポですw

しかも、記事を良く読めば、
「新日のレスラーを世界レベルのスターにするためのプロジェクトに、2億円規模の用意がある。まずはオカダをモデルケースにしたい」
という話であり、まず何より「2億円プロジェクト」という固有名詞すらない。そして2億円を全額オカダに注ぎ込むとも言っていない。

はっきり言って「実体」が無い。

それを1ヶ月も経って突然、内藤は見事に、「木谷オーナーお気に入りのオカダのための2億円プロジェクト」
に書き換えてみせたのです。

…ここまで読んで、
「内藤は、不当にオカダを『作られたスター』に仕立て上げている!」
と、鯱狗が内藤を非難しようとしている!と思われた方。

トランキーロ、あっせんなよ!!!

違うんです。

鯱狗が妄想しているのは、もっと「ヒドイ」ことなんです。

それでは、以下、鯱狗の妄想。

内藤の正論批判の数々。
それらは確かに、内藤のアイデア

…ただし。

この「2億円プロジェクト」批判を除いて。

そう。この「2億円プロジェクト」批判だけは、

木谷オーナーが、内藤に、批判するように「命じた」。

すなわち、木谷オーナーと内藤の「出来レース」。

その目的は、中邑とAJを失った新日が、「WWEアティチュード路線リメイク」により、ストーリーラインを立て直すため。

木谷オーナーが「スマートすぎるビンス」になるため。
内藤が「スマートすぎるストンコ+ロック」になるため。
オカダを「スマートすぎるトリプルH」に仕立てるため。

「ライバルの不在」という危機に陥ったオカダに対して、一気に内藤の「格」を引き上げるため。

「2億円プロジェクト」とは、ただその発端とするためだけにデッチ上げられた、実体の無い「マクガフィン」。

オカダの評判が変に良くなって、ストーリーラインに支障を来たしそうになったら、オカダとミラ・ジョボビッチをCMで共演させるなり、適宜、必要な分だけのカネを投下しつつ、「2億円プロジェクト」という「マクガフィン」の幻想を、また引っ張り出せば良い。

これが、木谷オーナーの打った「神の一手」。

…以上が、鯱狗の妄想なのでした。

極めて、内藤に失礼な話です。
「内藤が木谷オーナーと結託していた」などという妄想は、失礼以外の何物でもないでしょう。

…ただ。

その結果、爆発したロス・インゴベルナブレス旋風は、チケットに変わり、グッズに変わり、

会社を、そして木谷オーナーを潤しているのは、紛れもない事実。

2億円どころか、極端に言えば、1円も掛からない「舌戦」のチカラだけで。中邑もAJもいなくなった新日で。

…果たして、鯱狗が木谷オーナーの経営手腕を過大評価しているだけなのかどうか。

答えはもちろん…

ハイ、やめときます…w