読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

【12】「ベビーでもヒールでもない男」の「ライバル」の条件

オカダ推し妄想論

✳︎

オカダには、棚橋の後を継ぐベビーの「エース」であり続けながら、一方で、これからの「主役」として「スマートすぎるストンコ+ロック」たるべき、内藤のダーティーファイトをも上回る、ヒールの「ライバル」になって貰わなくてはならない。

この難題を解くヒント。

…それは、過去のある「喜劇」とも言うべき「悲劇」、或いは「惨劇」にありました。

1990.2.10…東京ドーム。

会社の期待を一身に背負った大型新人として、破格のデビュー戦を飾った男。

観客の出した答えは…失笑とブーイングの嵐でした。

その男の名は、北尾光司
元・横綱という経歴は、紛れもなくエリート。

にもかかわらず何故、北尾は観客に受け容れられなかったか。

一言でいって「しょっぱい」。

まともなプロレスもできないのに、会社の猛プッシュを受けた彼は、ホーガン気取りのヒーロー気取り。

しょっぱすぎるプロレスにしょっぱすぎるギミックにしょっぱすぎるビッグマウス、そして会社の露骨なプッシュによるサイコロジーもヘッタクレも無い勝ちブック三昧。

そりゃあ、ウケるはずがありませんわな!(苦笑)

オマケに、詳しくはもう面倒なので端折りますが、大相撲時代から新日時代から更にその後のSWS時代から、とにかく彼の人間性は傲慢と勘違いのカタマリであり、行く先々でトラブルを起こしては放逐される超問題児という。
まぁ…その…もう…アレですよ(笑)。

そして、そんな彼を、いつしか人はこう呼ぶようになりました。

「ナチュラルヒール」と。

…お気付きになられたかと存じ上げます。

会社にヒーロー、すなわち「ベビー」として売り出されながら、観客からは「ヒール」として扱われる存在。

「ベビーでもヒールでもない」内藤。

その「ライバル」の条件。すなわち、

「ベビーでもヒールでもある」オカダ。

それが、木谷オーナーの求めた「答え」であったと、鯱狗は妄想しております。

それも、北尾のような「大失敗の結果」ではなく、「結果としての大成功」を収めなければならない。

木谷オーナー率いる経営陣の、綿密な計算に基づく「ギミック」を、完璧にこなす「操り人形」。

オカダの綱渡りが、始まります。