読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

【19】(いったんの)終わりに

オカダ推し妄想論

✳︎

いかがでしたでしょうか。
鯱狗のヒドい妄想の数々w

改めて、勘違いしないで頂けると幸いなのですが、鯱狗は内藤選手のことが嫌いなワケでも、木谷オーナーと癒着していると非難したいワケでもございません。

内藤の両国IWGP戴冠と、オカダの大阪IWGP奪還。
どちらの試合を見返した回数が多いかと言われたら、圧倒的に前者です。

「あっせんなよ!」で焦って(苦笑)飛び出した金テープには毎回イライラさせられるし、それさえも(会場にいない)木谷オーナーの嫌がらせと断じてみせた内藤の機転には、つくづく感心させられます。

ハッキリ言って「プロレスラー」としての「発信力」では、間違いなく内藤はオカダを圧倒しているでしょう。

…それだけ内藤選手を評価している鯱狗が、では何故、オカダの応援(?)ブログを書いたのか。

答えは単純です。

ロス・インゴベルナブレス内藤の応援ブログは、既に世の中に沢山ありますから!

オカダの応援ブログ…しかも「スマート」の視点から、というのは、内藤の応援ブログと比べたら、圧倒的に少数に見受けられます。

だから、自分で書こうとw

そして、
「中卒でプロレスラーを志し」「メキシコで極貧の修行時代を送り」「ライガーに見出されて新日本に入団し」「米国遠征から『レインメーカー』として帰国し」「絶対エース棚橋のV12を阻止する大金星でIWGPを戴冠し」「フェラーリを乗り回し」「今や女子アナと結婚目前!?(笑)」の男が、

ふと気が付けば、その「ドラマ性」をメッキのように剥ぎ取られ、今や「作られたチャンピオン」として、所属するCHAOSもろとも、ファンからの批判の矢面に立たされている。

それは果たして、オカダの「プロレスラー」としての実力不足「だけ」に拠るものなのか…。

「プロレスは、一人ではできない」

これまでに何度か、鯱狗が書いた言葉です。

内藤の圧倒的な「不遇」と「勝利」。
そして木谷オーナーが手にした「売り上げ」。

すべては、イービr…じゃなくて(殴)。

すべては、計画された「シナリオ」だった可能性は無いのか。

もし、そうだとしたら。

オカダと同い年の、しがないイチリーマンである鯱狗は、その「サラリーマン・レスラー」としての姿勢に、繰り返しとなりますが、尊敬の念を禁じ得ない。

ただ、会社のため。
ただ、木谷オーナーの「シナリオ」のため。

内藤の「踏み台」となることを、甘んじて受け容れた。

すべては、鯱狗の妄想です。
しょっぱいオカダファンが、被害妄想に取り憑かれて、何か喚いてる。
そう捉えて頂ければ良いかと存じ上げます。

ここまで長らく、御拝読のほど頂きまして、誠にありがとうございます。
深く、感謝のほど申し上げます。