社畜な鯱狗の妄想雑記

愛即是吾唯足知--精進あるのみ也

果たして田口は「幻想殺し」なのか…そして、まさか「黒幕」は

✳︎

前記事で「怪奇派レスラー=共同幻想装置」という解釈を示したワケですが。

それを踏まえて、前々記事。

「田口ジャパンは、デ・ハポンに対する『シュート』じゃないのか」

という妄想のお話。



…かつて、アメリカ版FMWとでも言うべき、当時最大のインディー団体だったECWには、ある人気ユニットがございました。

その名を、bWo(ブルー・ワールド・オーダー)。

丈が短すぎるお揃いの青シャツから、プルプルのお腹をはみ出させたりして、
実況からも「臭そう」「1セントの価値も無いギミック」と評価(笑)されながら、

彼らはECWの「アイドル」であり、そして「ヒーロー」でした。

何故なら。

bWoは、その名の通り、nWoの「パロディー」

…という体を借りた、

巨大資本WCWに対する、紛れも無い「シュート」だったから。

…そう。

bWoは、カネのチカラでクールな巨悪を気取っていた(と彼らが見做す)nWoに対する、

「笑い」のチカラを借りた「幻想殺し」だったのです。

(ちなみに、実は鯱狗が愛して止まないダッドリー・ボーイズも、白人と黒人で「兄弟ユニット」を名乗っていたり、ECWにはこの手の「メジャー団体で流行りのギミックをおちょくるギミック」がちょくちょく出てきます…閑話休題w)



…というワケで、もうお分かり頂けましたよね?

明らかにドンキホーテ辺り(笑)で買ってきたと思しき、

オモチャの鎌でEVILのコスプレ(?)をし、
ビニールバットでSANADAに対抗(??)をし、

そして「田口ジャパン」を名乗ることが、

「ただの『お笑い』に留まらない『シュート』ではないのか」

と、鯱狗が妄想して恐怖する「理由」。

EVILはもちろん、広い意味ではSANADAも、
「怪奇派レスラー」として築き上げた「共同幻想」を、

田口は「笑い」というエグいチェーンソーで、
「解体」しようとしているのではないのか?

しかも。

それがいかにも下らなくて、ナンセンスであればあるほど、
デ・ハポンのリーダーである内藤も、「対抗」のしようが無い。

だって、内藤の「武器」は、
「スマート」のプオタを唸らせる「正論」ですから。

ようするに「ツッコんだら負け」なんですよ、まさに文字通り!
変に絡んだら、それこそ内藤が築き上げた「シニカルでシリアスな論客」という「ギミック」さえも危うい。

…本当に、
「笑いは弱者の武器」とは、良く言ったモノです。



しかし…しかし、それにしても分からない。

bWoとnWoは、
インディーのECWが、メジャーのWCWに噛み付く構造だから、
まぁようは、ただの団体間抗争の一種なワケですよ。これは分かる。

でも、田口ジャパンとデ・ハポンは…。

普通に、新日の団体内ユニット抗争(?)ですよね??

何故に…何故に木谷オーナーは。

オカダという「操り人形」を駆使して、
見事にドル箱の「主役」へと「羽化」させた内藤に、

こんな「危ない橋」を渡らせる?

「オカダCHAOSを贔屓している」って「ギミック」については、
ちゃんと「スマートすぎるビンス」として「機能」していた。

でも、いくら田口ジャパンがファンからの喝采を浴びたところで、
それは「スマートすぎるストンコ+ロック」たる内藤の「受難」とは、
到底、ファンには受け止めて貰えませんぞ?
(というか、田口ジャパンに「喝采」が上がる時点で「アウト」では?)



…まさか。

いや、まさか…。

田口ジャパンの「黒幕」は。



内藤に、見事なまでに「踏み台」にされて、

さりげなく「内藤を『ベビー』と評する」という「シュート」な嫌がらせ(笑)を見せた、

実はその「ギミック」に対して、どうも「中身」が割と粘着質っぽい(失礼)、

そして田口ジャパンのメンバーに連なる、



「あの男」なのか…!!?



いや、確かに「あの男」の「プロレス脳」ならば、
内藤が「本当に嫌がること」を…内藤の「弱点」を見出すかもしれない。

そして、木谷オーナーが「気付く」前に、
内藤の「足を引っ張る」ための「仕掛け」を施せるかもしれない。



もし…もし、万が一にも。

鯱狗の妄想が「当たらずとも遠からず」だったりしたなら…。

これは、
「17.1.4内藤→オカダのシュート説」
にも匹敵しかねない、

トンデモない「シュート」ですよ!!!



…いかん。

今日は何だか朝から、鯱狗の妄想脳が冴え渡ってしまっている(冷汗)。

…早起きだからか?

早起きして出張の新幹線の中だからなのか!?(関係無い)

ハイ、大変失礼致しましたm(_ _)m

今回も御拝読、誠にありがとうございました。。。