読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

ファシスト見習い。すべては音楽。詩集『円周』。

「NJC内藤2連覇→オカダにIC挑戦を迫る説」の…

✳︎

「傍証」らしきモノに、気付きましたw

それは、ちょうど「1年前」。

すなわち「16年のNJC」に向けた、
内藤の「提言」の中にありました。



「あと、チャンピオンに挑戦者の選択権を与えてもいい」
「みんな、俺とやりたがるんじゃないの?俺とやると、みんなオイシイだろうから」



見事なまでに、鯱狗の「妄想」と「合致する」じゃあ、ありませんか!www

ここで「ミソ」になるのが、
16年NJCの時点では、内藤は「無冠」だったコト。

それを今回、17年NJCにて、IC王者として2連覇を達成すれば、
実に1年越しで、自らの「提言」を「力業で実現」できるワケですよ!



IWGP王者のオカダに「挑んだ」、16年NJC。

IWGP王者のオカダに「挑ませる」、17年NJC。



いや、もちろんEVILやSANADAを「挑戦者指名」するコトはできますよ?

でも、どうせやるなら徹底して、やはり、

IWGP王者が、IC王者に挑戦させられる」

という「構図」を示すのが、一番、インパクトがあるでしょう!

それこそが、
「ベルトより価値のある内藤」の「証明」じゃないですか!(力説)



というワケで、鯱狗イチオシの妄想(笑)。

果たして大正解か、大ハズレか…。

言わして貰いますよ。

トランキーロ、あっっっせんなよ!!!
(自分自身に向けて)

以上、御拝読のほど、誠にありがとうございましたm(_ _)m