読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

ファシスト見習い。すべては音楽。詩集『円周』。

果たして棚橋は「袋小路」なのか…?

✳︎

16.1.4でオカダ・カズチカ(当時28)に「禅譲」し、

17.1.4で内藤哲也(34)に「踏み台」にされ、

棚橋弘至(40)は、これから何処へ向かおうというのか…。



棚橋の2017年ファーストアクションは、まさかまさかの田口ジャパン。

田口(37)、中西(50)に囲まれて、予想外?の熱気wはさておき、
IWGPjr挑戦により「ファミ悪ではない」ことを真っ先に表明したのは、
他ならぬ「監督」であり、今のところ田口の独擅場の様相を呈しており。

…これは、棚橋としては「様子見」モードなのでしょうか?



しかし「様子見」とは?



「様子を見る」ということは「機を伺う」ということ。

「向かい風」が、見えているのでしょうか、棚橋には。



鯱狗、妄想す。



16年初の中邑・AJ引き抜きからの「新日版WWEアティチュード路線リメイク」より、
劇的に変化を遂げた、新日本プロレス勢力図の「今」を見てみると。

◆「主役」内藤率いるロス・インゴベルナブレス
「御客様第一主義の過激派」というイデオロギー

◆「作られたナチュラルヒール」オカダ率いるCHAOS
イデオロギー無き体制派」というイデオロギー
(後藤を加えた「理由」は、その辺にあると鯱狗は妄想)

◆「愛すべき小悪党ヒール」ケニー率いるバレット・クラブ
WWEではないガイジン」というイデオロギー

そこへ来て、

◆「時代錯誤の極悪ヒール」鈴木率いる鈴木軍
「新日本なんかクソ食らえ」というイデオロギー
(先の3者は新日所属が中心、鈴木軍は使い捨てのフリー)



…なんとまぁ、「ユニット」単位での「イデオロギー闘争」の戦国時代w



それでは、「太陽のエース」棚橋率いる(?)「本隊」は?

スイーツ(苦笑)真壁?
ザ・レスラー(失笑)柴田??
第三世代???

そこに「イデオロギー」はありや?

CHAOSにさえ「体制のサラリーマンw」という「イデオロギー」が、実はある。

…実のところ、「本隊」と言えば聞こえが良いのだが、
その「実態」は「一匹狼の寄せ集め」でしかないのでは?

まぁ正直な話、特段に真新しい「指摘」とも言えない、
皆さんも漠然と感じている「実情」ではないでしょうか。

なればこそ、他ならぬ棚橋は当然「理解っている」でしょう。



…それならば、いっそ「寄せ集め」の「本隊」などは去って、
たとえ自分1人でも「イデオロギー」を打ち出せば良いのでは?

その場合、本隊を去るからには、これまでと「違うイデオロギー」が、
あえて居場所を変える「理由」として、求められるでしょう。

棚橋がこれまで本隊で掲げてきた「イデオロギー」は、すなわち「愛」。

となれば、nWoホーガンよろしく、「ヒールターン」が、妥当に思えます。



が!…しかし、ですね?



◆ファイトスタイルがヒールのロス・インゴベルナブレス

◆存在のしょっぱさ(笑)がヒールのCHAOS

◆そもそもヒールのバレット・クラブ

◆そもそもヒールの鈴木軍



うわ〜い、ヒール多すぎぃ〜(棒)。



棚橋の「ヒールターン」は、間違いなく「インパクト」を持った、
言うなれば、結構な「奥の手」でしょう。

少なくとも、ロス・インゴベルナブレスがまだ好調と言える「今」。

会社が、木谷オーナーが、そんな貴重な「カード」は「切らせない」でしょう。



更に言えば!



CHAOSならオカダ(29)自身が、

ロスインゴならEVIL(30)、SANADA(29)、ヒロム(27)が、

負傷さえ無ければ、まだあと5年以上はメインに絡める「若手」です。



それに対して、「本隊」は?

田口(37)、柴田(37)、真壁(44)…第三世代は割愛(真顔)。

「オジサマ萌え♪」とか言ってる場合じゃない!(マイク叩き付け)



イデオロギー」の無い「本隊」が、それでも「本隊」たり得るのは、
やっぱり「太陽のエース」棚橋の「愛」があってこそなんですよ!!!



これはイカン!

チビ(失言)のヒロム(公称171cm)は、内藤にくれてやるから、
本隊に急いで「棚橋の後継者」を帰国させなくっちゃ!



田中翔(27)…公称173cm

小松洋平(28)…公称172cm



どっかのN◯AHか!!!(大失言)



もうダメだ〜、オシマイだ〜!

「プロレスラー」は、アマレスか相撲の猛者の、デカいヤツだった時代は、
もう終わっちまったんだ〜!(だ〜!…だ〜!…だ〜!…)



…………。

……ん?

…あの、棚橋の後ろに付き従っている。

あの、公称185cmぐらいありそうな、バケモノじみたヤツは誰だ?(棒)



ハイ、白々しい小芝居はここまで(平謝り)。

長くなったので、続きます!