社畜な鯱狗の妄想雑記

愛即是吾唯足知--精進あるのみ也

NJC会見〜3.7旗揚げ戦の雑感

✳︎

本間のNJCリザーバーは永田。IWGPタッグがテンコジだったことを含め、所属選手に対する、会社からの「切り捨てない」というメッセージか。
とりあえず、内藤がリザーバーという悪趣味な展開は、流石に無かったので良し。


会見で、前哨戦で、EVILにボコされ続ける棚橋。…あまりにも棚橋の「劇勝フラグ」が立ち過ぎではないか?ついこないだのオカダ鈴木も含め、このパターンはいい加減に食傷。EVILの「意外な下剋上勝利」を期待。


東スポを通じて、オカダが内藤に「俺を構えよ〜」とメッセージ。

「王者としての誇りが無いんじゃないですか?ベルトも放り投げるくらいですし。まぁどっちが輝いて見えるかって言ったら、分かりきった話。選択性の意味は無くなったと思いますよ」

ようするに「ツッコミ待ちのボケ」。クソスマートの鯱狗的には、オカダはまさに「これで良い」。タイガーマスクW戦の内容には失望しかなかったが、軌道修正を切に望む。

「作られたチャンピオン」「作られたナチュラルヒール」としての、

「『薄っぺらな存在感』という『分厚い存在感』」

を回復すれば、あんなクソみたいな試合展開は必要無い。失笑するようなアメプロ志向に回帰してくれ、頼む。

鯱狗は、

「フィジカルの衝突」を食いたいんじゃない。

「アティチュードの激突」を食いたいんだ。

鯱狗は、同い年のオカダの、大ファンなんだ。カート・アングルじゃねーけど、ホントのホントに。エンセリオ、これマジ!
(ヨシタツ並に節操の無い、熱いパクリ)


そして、オカダから気になる発言。

IWGPを懸けて戦ったことが無い相手と戦いたい」

…柴田か?柴田優勝フラグか??

ベタにケニーを大本命と見ている鯱狗ですが、最悪だったタイガー戦を思うと、オカダvsケニーは「当分、見たくない」。

…どうせ、イヤでも「7月まで」に。

「ケニーが片翼の天使をオカダに決めて、IWGPを初戴冠」

となるのは、決まってるようなモノなのだから。

ファンとして、オカダが失冠するのは別に構わない(むしろ、オカダには少し自由な戦いを与えてやって欲しい)ですが、

「雪崩式タイガードライバー」さえも、

「上回るような技」を受けるオカダは、



まったく、絶対に、見たくない。



オカダvsケニーは、少しファンの「ほとぼり」を冷ましてからにして欲しい。

そういう「意味」では、オカダvs柴田なら、ちょうど「1.4ケニー戦の次の鈴木」の「役割」を期待できる。

…「何もかも失った(意味深)」な柴田が、早くもトップ戦線入りできるのかは、さておき(苦笑)。

それがダメなら、EVIL優勝のコンチ挑戦で。

とにかく「今、このタイミング」での、ケニー優勝は、絶対に阻止して欲しい。


そして問題が、3.7後楽園の旗揚げ記念興行…メイン。

ちょっと、独立記事で書きます。



ひとまず、ここまで。