読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

内藤!…トランキーロだ、トランキーロ!

新日本プロレス
✳︎
17.3.7後楽園ホール、旗揚げ記念大会。

メインの6人タッグでCHAOSを下した、
ロス・インゴベルナブレス内藤のマイク。



「ブエノスノーチェス、後楽園ホール!」

「昨日の大田区、今日の後楽園、この2日間に渡って開催された旗揚げ記念大会、最後を締めるのはもちろん、今、最も輝いてるユニットである、我々LIJになってしまいました」

「45周年イヤーも、LIJが、応援して下さる皆さんに、様々な話題を提供し、そしてこのリングを更に盛り上げていきます。今年の後楽園では初の試合後のマイク、思う存分に叫んで下さい」

「ロス・インゴベルナァァァブレェェェス…デ・ハ・ポン!」



…あれ?

あの、内藤サン??



マイクの「切れ味」。



鈍りました?(汗)



今、最も輝いてるユニット」って、
ソレを「自分で言っちゃう」のは。



「作られたナチュラルヒール」の、
CHAOSオカダの「役割」では??



「輝いてる」かどうかを決めるのは、



「御客様」なのでは???



「御客様」を無視して、鼻に付く自画自賛(失笑)を繰り返す、
オカダの「ナチュラルヒール」ぶりに辟易していたファンに。



「御客様第一主義」を提示するコトで、
遂に爆発的な「支持」を獲得したのが。

ロス・インゴベルナブレス内藤だったのでは?



まして、内藤の「支持層」は、明らかに「スマート」寄り。

御新規の「マーク」な「ライト層」狙いで良いオカダとは、



求められる「発言の重み」が違うワケです。



…現にこうして、クソスマートの辺境ブロガーに、噛み付かれてる(苦笑)。



オカダは「作られたナチュラルヒール」ですから、
「軽薄な失言」は、むしろウェルカムなんですよ。

ソレに鋭く「ツッコミ」を入れるコトで、
「主役」の内藤が、まさに「輝く」から。



だからこそ、内藤が「ボケ」ちゃダメなんですよ!

オカダに後藤にヨシハシに矢野に石井。
CHAOSが「ボケ」ユニットなんですから。





…内藤サン、トランキーロですよ、トランキーロw

「主役は俺だ!」時代の「悪いクセ」を出さないように(苦笑)。

こないだの「『IWGP王者』は発言権が違う」も含めて。

ちょっとだけ…ちょっとだけ。

「緊張感」が緩んでるかも、しれませんからね?



ファンなんて、簡単に「掌返し」する。



誰よりも「知っている」のが、アナタなんですから…。



「サラリーマン・レスラー」
オカダの大ファンでもある鯱狗としては。

「ピープルズ・チャンプ」
内藤が「主役」であり続けてくれなくちゃ!



以上、ではではw