読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

ファシスト見習い。すべては音楽。詩集『円周』。

NJC1回戦・雑感(3.11愛知)

✳︎

◯永田vsタンガロア
鯱狗の予想は当たり。
今回の永田はストーリー性がハンパ無いし、ロアはまだシングルだと個性が弱いかなぁ。

◯矢野vsタマトンガ
鯱狗の予想はハズレ。
タマちゃんはもうちょっと報われても良くね?矢野のアレは、G1の星調整ならともかく、トーナメントだとシラける…。

エルガンvs◯ファレ
鯱狗の予想はハズレ。
いや、こちらのブロックで上がるBCメンバーは、タマちゃんだと思ってましたので(苦笑)。ファレはなぁ…ホントはケニーより日本語ペラペラの、新日生え抜きでしょ?本隊の出稼ぎ白人エルガンとトレードして欲しい(ボソリ)。

棚橋vs◯EVIL
鯱狗の予想(というか希望)は当たり。
あの毒霧は、棚橋への「慈悲」か?EVIL単独で締めさせる内藤の親心…であり、外道オカダとの「差別化」を図る強かな計算も見え隠れ(笑)。

ラフ殺法を解禁しても、一応は反則(苦笑)の毒霧以外には介入無しで敗れて、「ただの燃えカス」と自嘲した棚橋。

…ヒールターンを読む声も増えてきましたが。

やっぱり、まだ「時期じゃない」と考えます。


以前にも書きましたが、

①ヒールユニットが多過ぎる

②肝心の「本隊」が「本隊であるイデオロギー」を担っているのが、棚橋しかいない。

というワケで、棚橋の「役割」はまず、ヒール側の内藤に対して、ベビー側の「後進育成」でしょう。

それが終わった2〜3年のスパンで、ヒールターンはアリかと。

ではでは!