読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

ファシスト見習い。すべては音楽。詩集『円周』。

「馬鹿」と「不細工」は「自己責任」なのか?…ポル・ポト万歳!

✳︎

先進国の上層階級に生まれた恩恵を享受しながら、
先進国に生まれることを「原罪」であるとのたまい、
下層階級の大衆にその「罰」を受け容れよと教化する、
ヒッピー・リベラルの皆様、こんにちは。
Love Sex Drug、本日の分も服用されましたか?

「団地の子」で「プロレスファン」。
見世物小屋の住人」でありたいと願う鯱狗には、
一つばかし、素朴な疑問があるんだ(^o^)



「馬鹿」と「不細工」は「自己責任」だから、

「差別」してもイイんだね??



…そりゃ、そうだよね。

「馬鹿」や「不細工」と結婚したくないモンね?

「馬鹿」や「不細工」の遺伝子は、遺したくないモンね?

うん、「正常な生理的嫌悪感」だ!(笑)

不揃いのエンドウ豆達。



自由恋愛を禁止し、更に私有家族制度を撤廃しようとした、
ポル・ポトは、間違いなく「真の革命家」の筆頭でしたよ。



天国にはゴムタイヤ製の玉座があって、
そこにはポル・ポトが座っていた。
裁判所にはロベスピエールが。
そして教会にはプラトンがいた。
果たしてその光景は、この針の穴の。
内側だったのか?…外側だったのか?



ついでに。

「すべてを灰色に塗り潰す民主主義」

に気付いて、嫌悪して。

傷痍軍人と前衛芸術家を率いて。

「団結主義」、すなわち「ファシズム

を提唱した、とある「極左過激派青年」は。

「革命家」では、まったくなかったけれど、
「生理的嫌悪感」に対しては「誠実」だったね(笑)。



…観たかったな〜。

ムッソリーニ主演の『野獣死すべし』!

真田役はマッキャンドレス。

柏木役は…全盛期の大仁田厚でwww
(現実は、かくも馬鹿馬鹿しいのだ!)



板子一枚下は地獄。
一皮剥けばケダモノ。

それでも、僕らは発狂しない。

設計裕度、はたまた設計ミス。

いずれにせよ。



神サマに感謝なのです♪