社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

白石晃士監督が描く「現代のドン・キホーテ」達

✳︎

『オカルト』の「地獄だぞおじさん」。

そして、

ノロイ』の「最強の霊能力者・堀光男」。

或いは、

『コワすぎ!』の「先生」。

もちろん、

「江野祥平サーガ」も、また。



…白石監督は。

まったく「美化」することさえなく、
「勇者/魔王」に転化せしめるのが。

絶妙に上手いw



特に、堀光男。

ノロイ』単独でも迫真なのですが。

いわゆる「白石ユニバース」の「構造」が、
かなり明らかとなった今、改めて見返すと。



この人は、

なんて「巨大な深淵」を知りながら、
そして「己の無力さ」を知りながら、

それでも、

たった一人の女の子を「救い出す」ために、
立ち向かった、紛れも無い「勇者」であり。

そして…最後に。

「アルミホイル・アーマー」を脱ぎ捨て、

何の「文脈」も「聖別」も為されていない、
ただの、握り拳大の「石コロ」を握り締め、

現れた、その姿の…「悲愴」。



「死」よりも「恐ろしいモノ」を、

知りながら。



「そうするしかなかった」

ただ、カナのための「弔合戦」。



堀光男の「勇気」を思えばこそ、

先生の「邪悪」に「吐き気」を催すのです。





「江野クン」は、

「救ってくれた」のだろうか。

彷徨えるカナの「魂」を。

そして堀光男の「魂」を。

「壊れてしまったセカイ」を「やり直す」。

…その「片隅」で。