読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

柴田vsオカダの、もう一つの「正念場」

✳︎

極めて「シンプルな問い」です。



ケニーの「雪崩式ドラゴンスープレックス」も、
タイガーWの「雪崩式タイガードライバー」も、



「返してしまった」オカダを。



あの「スタイル」と「コンディション」の柴田が。



どうやって「仕留める」よ?…って話。



柴田の「スリーパー→PK」には、

「ピープルズ・エルボー」のような、

「説得力」は、まだ「足りない」。





…オカダは、PKを「返す」んじゃね?

そこからツームストンを決めて、

オカダに「飽きた」観客を「絶望」させる。



そして。

「必殺」のレインメーカーが、

柴田に炸裂…



しない!!!

柴田が躱す!!!



裏を取って、再びスリーパー・ホールド!



…離さない!!!

もはや無我夢中!!!



レフェリーが気付く!



オカダ、立ったまま失神!!!!!



レフェリーはゴングを要請!!!

咆哮する柴田、なおも離さない!!!



止めに行ったレフェリーが弾き飛ばされる!

後藤も含めたCHAOS総出で、

やっと柴田を引き剥がす!!!



柴田、咆哮!!!

崩れ落ちるオカダ!!!

駆け寄るCHAOSメンバー!!!



狂乱!!!!!





…どうでしょう(笑)。

「スリーパー・ホールド」で「決着」する、
極めて「健全なプロレス」というのは?w



これなら、

上述した「雪崩式」を凌いできた、
オカダといえども「耐え切れまい」。



…コレやってくれたら、

紛れもなく、柴田勝頼は、



「ザ・レスラー」



だと思うんですケドねw



泡を吹いてマットに突っ伏すオカダ、
ってのも、なかなか「絵」になるしw

(注:鯱狗はオカダの大ファンです!)



そんな余談の妄想でございました(苦笑)。

ではでは!