社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

両国で「内藤が何も起こさなかった場合」…浮かび上がる「危惧」

✳︎

前記事にて、
「両国のメインで内藤が介入説」という、
トンデモ説を披露したワケですが(苦笑)。

まぁ、流石にそこまでは無かったとしても。



…もし。

内藤が、両国で。

「何のアクションも起こさなかった場合」



鯱狗は「考えざるを得ない」。

「望まざる仮説」が、ございます。





…悲愴なまでのハード・バンプを繰り返してきた、LIJ内藤。





実は、

「コンディションが相当に悪化しているのでは…?」





つまり。

「確実な集客と話題性」を望める、
「内藤NJC参戦」が実現しなかったのも。



内藤に「過酷なシングル連戦」を回避させて、
少しでも「コンディション快復」を図りつつ、
少しでも「内藤の話題性」を活用するための。



「苦肉の策」だった「可能性」。



そう考えれば。内藤の「出場」が。

ヒロムのジュニアヘビー王座と、
BUSHI達のNEVER6王座の前哨戦を絡めた、
田口ジャパンとの10人タッグ中心だったのも、
ある種の「説明」が付かないワケでもない。



田口監督の「職人芸」があれば、
必ずしも「純粋な戦い」に特化せずとも、
観客は「沸いて」くれますから。



内藤の「コンディション悪化」を、
観客に「悟られずに済ませられる」。





…しかし。もし万が一。

このクソッタレな「仮説」が、正しい場合。

NJCの回避はともかく。

両国のワンマッチすら「組めない」ほどに。

内藤のコンディションが「悪い」としたら。





…やめた。やめた。やめた!

イマの話は、やっぱ無し!!





とにかくさ!

内藤であり、オカダであり。
或いは、これからの柴田であり。
そして、ケニーであり。



「ストーリー」を、紡いでいこう!!!



「ストーリー」さえあれば。
「意味性」さえあれば。



武藤が、高田を、
「足4の字固めでタップさせる」
ことさえ、できるワケで。

だから、柴田はオカダを、
「スリーパーで失神葬」すればイイと、
鯱狗は考えているワケでw





…一番スゲーのは、

「サポーターを投げて、両手を振って、ロープを往復してから、立ち止まって助走をムダにして(笑)、ガクガク震えてから、その場でエルボードロップ」

で、あらゆる敵を葬ってきた。



ロック様なんだよ!!!(爆)



…え、違う?w

嗚呼、ゴメンナサイ!
中身の入ったペットボトルは投げないで(ry



え〜、以上!

御拝読のほど、誠にありがとうございました!m(_ _)m