読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

「納得」はできないが「理解」はできなくはない…田中将斗の◯◯的な「生き方」

✳︎


上記の良インタビュー記事を読みまして。

NEVER無差別級の初代王者であり。

そして「オリジナル」ECWヘビー級で唯一の日本人王者であり。
(「ECWワンナイト・スタンド」では2005、2006とも試合を提供)

実際、ソレを「望みさえ」すれば。

新日でも…WWEでさえも。
「チャンス」はあったハズ。

当該インタビューでも「自覚」している。

いちファンからすれば。

なんて「勿体無い」と。
「納得」は、できない。

それこそ鯱狗は…田中将斗こそ。

「ザ・レスラー」の「称号」が。
最も「似合う男」ではないかと。

それぐらい、大好きなレスラー。



このインタビューを読んで、思ったコト。



田中将斗大仁田厚の「関係」は。

藤波辰爾アントニオ猪木の「関係」に。



良く「似ている」のかも、しれない。



良く言えば「当たりが強い」。
悪く言えば「プロレス下手」。

かように疎んじられていた前田日明を、
ただ一人、真正面から「受け止めた」。

そんな「懐の深い」レスラーだった藤波は。



最後まで「猪木超え」を「望まなかった」。

(「飛龍革命」の「実態」は、「ただ猪木さんを楽にしてあげたかった」という、ある意味で凄まじい「ズッコケ」。前髪を切り出したのも「猪木さんに手を上げてしまった、どうしよう!?」という「パニック」からだったと言われては…)



WWE殿堂入りも、実はWWEがより「評価」していたのは、
猪木よりも「プロレスが上手い」藤波の方だったのですが、
藤波から「配慮」を要請されて、「1号」は猪木になった…
という、嘘か誠か「ウラ事情」も聞こえてきたりしまして。



「リングの上で、お客さんに『最高の試合』を見せたい!」



それ以上の「ドロドロした野心」が無い。

良くも悪くも「珍しいプロレスラー」。

それが、藤波であり…田中ではないかと。



猪木も大仁田も…遠くから「見物」する分にはともかく、
プライベートで「お近付き」には、絶対になりたくないw

(あの中邑も、邪道外道から大仁田のエピソードを聞いて、「猪木さんといい大仁田厚といい『ブッ飛んでる』。それに比べたら、オレみたいな『凡人』がプロレスラーなんてやってけるのか…?」と怖くなるそうでw)



…それでも、なお「付いていく人」がいて。



「煮え滾る太陽」と「寄り添う月」。



「納得」は、できない。
「理解」は、できなくはない。



これもまた、プロレスの「奥深さ」なんですかね…?(苦笑)



ではでは。