読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

内藤哲也vsタイガーマスクWが「実現する可能性」…その「ナナメ上の理由」

✳︎
というワケで、前記事の続きです!

「実現させたい会社側の理由」。



すなわち。



「ケニーのIWGP戴冠後」を見据えたら。



ケニーvs「タイガーマスクWの中の人」は、
会社にとってみれば、ヨダレが出るような、
そう…まさに「ゴールデン☆カード」(笑)。

恐らく、G1までにタイガーマスクWが「本格参戦」を遂げて。

それこそ、一番「劇的」な展開としては。



ケニーとの18.1.4メインのIWGP戦。
(タイガーのG1優勝は厳しいから…権利証マッチで奪わせる?)

まさに「試合中」に。

「2代目タイガーマスク」のように。

「マスクを脱ぎ捨てる」!!!

…コレやられたら、東スポ大賞のベストバウトは堅いかもしれないw



んで、そんな「ゴールデン☆カード」。

「引っ張りたい」のは山々なのですが。

その一方では、ちょうど18.1.4を最後に、
ケニーが「ソッチ」に行く「危険性」(ー ー;)



つまり、
「地均し」の「猶予が無い」んです。

だから…早いところ「今の内」に。



「ケニー以外のトップ勢」と、
タイガーマスクWを「当てておきたい」。

「残るはケニーのみ」の「飢餓感」を、
ファンの間に「醸成しておきたい」。



そんな「会社側の思惑」も鑑みますと。

「NJC参戦表明」に続く内藤の「踏み絵」。

「今回は実現する」可能性…ございます。



いかがでしたでしょうか。

前回から今回の記事は結構、
「自称クソスマート(失笑)」らしい、
「妄想考察」になったのではないかとw

以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました!