読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

4.9《SAKURA GENESIS》の「ブック」を省みる

✳︎

前記事までの通りの「現状」で。



柴田選手は37歳。

「もはやコスチューム」と揶揄されることもあるテーピングですが、
コンディションが悪化していたのは、実際に、間違いないでしょう。



そんな柴田に。

メインで38分間のIWGP戦。



…もう、やめませんか?

何でもかんでも「マラソンマッチ」は。



60分フルタイムをやっていた時代とは、
「プロレス」は「変質」しております。

今さら「引き返せない」のだとしても。

柴田ならば「ザ・レスラー」の「ギミック」で。
30分以内でも「客を満足させられるブック」の。

「書きようがあった」のでは、ないでしょうか?





そして、セミファイナルも。

「秒殺ブック」も、時にはアリです。

しかし、その「方法」が。

場外へのパワーボム
TIME BOMBを2連発。

「説得力」もへったくれも無い。

そんなんだから「事故と疑われる」。

ファンを「怖がらせる」。



…マスクを脱ぐことで。

「レスラー・ケンドーカシン」ではなく。

「格闘家・石澤常光」であると誇示して。

「飛び付き式腕ひしぎ逆十字固め」で。

わずか26秒殺で「タップを奪った」。



それが、すなわち「説得力」ですよ。

(対戦相手の成瀬も、ちゃんと「石澤で来い」と戦前に煽っておりました)



それこそ、場外パワーボムなんかはナシ、
「見よう見マネのアンクルホールド」で、
KUSHIDAに「タップさえも許さず」に、
そのままTIME BOMB一発フィニッシュ。

そんなんで「充分」じゃないでしょうか?





…鯱狗は、ちょうどオカダと同い年ですが。

古臭い「ロック様信者」でもありますので。



「プロレス」の「説得力」を。

「信仰」しています。



…今回の、柴田vsオカダ。

スゴく「良い試合」だった。

だからこそ悔しくて、切ない。



感情の行き場が、見付かりません…。