読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

4.9内藤の「パルプフリクション受け」を「評価できない理由」

✳︎

先日、チラッと触れましたが。

アメプロ志向のクソ保守派(苦笑)らしく、
ちょっと文章にでも起こしてみようかと。



まず大前提となります、
ジュースの必殺技「パルプフリクション」。

コレは、

「アメリカ版(笑)後藤柴田」とも言える?
「悪ガキ青春白書タッグ」なエジクリの、
クリスチャンの「キルスイッチ」同形です。

というワケで、キルスイッチ名場面集をば。


(1:15付近ではECW王座戦?のヨシタツがw)



…御覧頂けましたでしょうか?




或いは、トリプルHのペディグリーと同様に。



「フェイスバスター派生技」です。

ここまでを「大前提」としまして。

「論点」は、大きく「2つ」ほど。



◆技の「サイコロジー」の問題

「フェイスバスター派生技」を、
「脳天垂直落下技」として「再解釈」した。

内藤の「技術」「創造性」「プロ意識」。

コレはもう、否定のしようがありません。

オカダの受けが「ナチュラル」なら、
内藤の受けは「テクニカル」であり。

若さの差、そして「天性のフィジカル」も、
オカダには及ばないだろう内藤の「努力」。

(オカダは、いわゆる「柔軟性」はさておきまして、なんでしょう…身体が「しなやか」なんだと思います。ソレを「無事是名馬」とばかりに「甘える」会社の姿勢も、激しく疑問はございますが…閑話休題)



しかし…ですね?

「フェイスバスター派生技」を食らって、
「脳天から垂直に突き刺さる」というのは。



そこに「サイコロジー」は、ありますか?



レインメーカー受けで「吹っ飛ぶ」のは「理解る」。

それこそ「受け止めた柴田」の件もございますが、
「吹っ飛ぶ」のは「受け身」として「成立する」。



一方で、先のキルスイッチ名場面集の通り。

「フェイスバスター受け」の「上手さ」は。

いかに「顔面から落ちた」ように見せつつ、
「膝から下」と「肘から上」と「腹部」で、
「リングに水平に落ちる」か…なのでは?

(下手なヤツはフェイスがバスターされてないという…ヨシタツは及第点ですかねw)

(腕のロックを外さない式のペディグリー受けは、更に難易度が高くなるワケです)



内藤がジュースから「受けた技」は最早、
パルプフリクションのような何か」で。

パルプフリクションではない」のでは?

そして…2つ目の「論点」に繋がります。



◆技の「説得力」の問題

内藤の「脳天垂直落下受け」のお陰でようやく、
パッとしなかった(苦笑)、パルプフリクションに、

「説得力」が出たという「意見」を拝見しまして。



…もし、そうだとするなら。



「内藤の次の抗争相手」も。



「フェイスバスター派生技」を、
「脳天垂直落下受け」しなければ。



「意味が無い」…そうですよね??



ああ、ケニーなら、喜んで。
「もっとエグい必殺技」に。

「昇華」してくれるかもしれませんね?



…………。



「内藤だけの問題」じゃないんですよ。

「ジュースの将来の抗争相手」に、
「引き継がれていく話」なんです。



「説得力」って…そういうモノでしょうか?



「棚橋のハイフライフロー」は「特別」?



だとしたら、
ジュースは「信頼されていない」んですね。

将来の「成長した存在感」を。



「フェイスバスター派生技ですら」

「ファンを熱狂させる『スター』」に。



ジュースは「なれない」と。



ソレなら「仕方無い」のかもしれませんね?

「インディーのデスマッチファイター」みたいに。

「肉体を削り合う」しかないのかもしれませんね?



…インディーには「インディーの矜持」があるでしょう。

その「領域」に、「メジャー」を自称他称する新日本も。

土足で踏み入りますか?…ええ、それでも結構ですよ。



WWEと比べたらインディー」だと。

白旗を上げれば良いだけの話ですから。



「新日と比べたらインディー」だった、
UWFや全日のように、頑張ったら良い。
「電流爆破」も「発明」できなければ。



「差別化」の「方法」が、
「それしかない」のなら。

「真正面からじゃ勝てない」と諦めるなら。



シンスケ・ナカムラを、
「無かったこと」にして、
総選挙でも何でもやれば良い。

「ザ・レスラー」を、
「使い潰して」おいて、
次の「商品」を探せば良い。





内藤を。

丘の上の「十字架」に向かって。

歩かせ続ければ良い。





…ひょっとしたら。

「柴田の悲運」よりも「根が深い話」。

アメプロ志向のクソ保守派の「妄言」。



以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました。