社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

過去の「負傷アングル」と比べても、やっぱ「異常」ですよ…

✳︎

引き続き「KUSHIDA脳震盪アングル」の件。

表題の通り、ちょっと考えてみたのですが。

◆天山の場合
負傷・長期離脱という「起きてしまったこと」を、
「牛殺し」という「説得力」に「転化」を図った。
(…にも拘らず「雑に扱う」後藤の「センスの無さ」は最悪)

◆ヨシタツの場合
ナニか途轍も無い「勘違い(?)」により、
「顎を引いた」コトは、さておき(苦笑)。
少なくとも、16年両国のNEVER6復帰戦は、
「奇跡の復活」として「ハッピーエンド」。



例えば、両者について言えるコトは、

「『起きてしまったコト』は認める」

「認めた上で『前向きに転化』を図る」

というコトでしょう。

オカダの「あの日の約束」だって、
つまりは、そういうことです。



それに引き換え、KUSHIDA脳震盪アングル。

「『本当は何が起きたのか』を認めない」

「認めない上に『更なる不和』を煽る」

…この前、書いた記事の通りですよ。

《「大仁田骨折アングル」と「KUSHIDA脳震盪アングル」》

KUSHIDAファンは「本気で心配」する。

ヒロムファンは「本気で非難」する。
「KUSHIDAは嘘吐きクソ野郎」って。



Who threw The Apple Of Discord?



…まるで「暗黒期」みたいですね?

「本気の怒り」だ何だと喚く、
耄碌ジジイに振り回されたファンの気持ち。

実に良く理解る、そんな気分。

(当時の鯱狗はバリバリのK-1/PRIDEファン)
(プロレスファンになったのは、その後の話)



…そんな大騒ぎするような、
「メインのアングル」じゃないって?



…ええ、そうですね。そうですよね(苦笑)。



本当に。



「軽い扱い」ですもんね?(笑顔)



……………………。



「返せ」