読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

ファシスト見習い。すべては音楽。詩集『円周』。

【教祖】ヒロムの「コメント」の件

✳︎

内藤が「総書記」なら、ヒロムは「教祖」。
「内藤シンパ」に対して、「ヒロム信者」。

…どよ?(爆)



会社に言わされてるとは、全く思わない。

彼の本心から言っている。だから感動的。

感動したファンの声が早速、溢れてるよ。

「危険技ガーとか騒ぐヤツは出て行け!」

って(苦笑)。



《虚無への供物》



かつて読んだブログなど、思い出したり。



…鯱狗は、どうやら。

「神聖なるプロレス」の「信者」として。

「心酔する」には「老い過ぎて」。

「割り切る」には「ウブ過ぎた」。

そんな気が、しています(苦笑)。



「ロック」は死んだ。

「パンク」は死んだ。

グランジ」は死んだ。

ブリットポップ」は死んだ。

「ヒップホップ」は死んだ。



「プロレス」は死んだ…って。

鯱狗が、言うと思った??(笑)



別に、死んじゃいないと思いますよ?



「説得力」は、死んだかもしれませんが。



ヒロムが、わざわざ「口にする」ほどには、
この団体は「追い詰められている」ワケで。

ヒロムほどの「メジャー級の演者」でさえ、
マンディブルクローで勝負が決まるような、
そんな「プロレス(笑)」は「許されない」。



……………………。



なんて力強く、感動的なヒロムの「神託」!

異を唱える「不信心者」が、万が一いたら。

「火炙り」にされたって、文句は言えまい。

そして驚くことに、ヒロムは、自身が、
「教祖であり、かつ信者であること」に、
まったく「無自覚」だ。眩しいほどに。



……………………。



喉元過ぎれば熱さ忘れる。
怒りを維持するのは困難。
喜怒哀楽全て過去になる。



というワケで「二つ!」です。