社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

99.7.21札幌…蝶野、大仁田、武藤の6人タッグも

✳︎

(ストック記事放出)

「アメプロの伝道師(爆)」が揃い踏みで、
やっぱりクッソ面白いwww

その前の、大仁田vs蝶野の電流爆破はコチラ!



とにかく武藤が、面白くて面白くてwww

この「マッチング」そして「ブック」が決まった時点で、
ニタvsムタは「決定したも同然」で、武藤はイライラw
更には帰ってきた蝶野のTEAM 2000の人気にイライラw

とにかく、イライラしっ放し!(爆)

…しかし、そのイライラをちゃ〜んと、
「アメプロ」的に「魅せる」のが武藤!



そして、蝶野!

大仁田を「TEAM STER」ってwww
まず殆どのファンに伝わらねーよ!

よーするに大仁田は「ホッファ」だって、
ヤクザキック」の使い手である蝶野は、
そう言いたいんだろうケドさwww(苦笑)



最後に大仁田!

「存在感でプロレスをする」と言ったら、
もちろん現在の新日では高橋裕二郎(真顔)。

(トランキーロ!様のブログより)

ソレはさておき、武藤をおちょくるコト!
武藤がロークワープをする先には大仁田w
リングインしといて、何もしない大仁田w
武藤を挑発しといて、ヒロを場外に落とし、
抜け抜けとリングアウトする大仁田!www
要所では「受身の全日」出身らしい場面も。



最後は大仁田の毒霧からAKIRAのムササビなワケですが。
そこで「絡まない」蝶野の「センス」が素晴らしくって!

つまりは、nWo総帥を気取る武藤なんて、
自らが手を下すまでもない「格下」だと!

「猪木の傀儡」でしかない藤波なんかは論外(苦笑)。
「あの大仁田をも使いこなす」、蝶野正洋こそが、
新日本の「キング・オブ・ヒール」と見せ付けた!



まったく「ベビーフェイス」扱いの武藤は、
nWo総帥」として「大仁田に負けた」し。

天山とヒロを「活かせなかった」武藤が、
トータルで見たって「蝶野に負けた」ねw

動揺した武藤はバックステージで噛み噛みw



ではでは!