社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

“おかしのまちおか”がある「アーケード街」は

✳︎

だいたい「ファシズムの匂い」がする(爆)。



《呪詛と断想の“ファシズム”》



…大事なのは「アーケード」。

「地上」でも「地下」でも、ダメ(笑)。

ソコが「境界線上」に立つ、
「異界」であるというコトを、
「アーケード」は、示している。

鯱狗が育った町にも、今の居住にも。

「アーケード」は、無い。
おかしのまちおか”も、無い。
「懐かしい匂い」などは、無い。

…ソレで、良いのだ。

いみじくも、外山恒一総統は、かく語りき。

ファシストは『故郷喪失者』でなければ、ならぬ」
「その上で『故郷を創造する』のが、ファシストだ」

おかしのまちおか”がある「アーケード街」は、
鯱狗にとって、つまり「異界」の象徴であって。

そこに立った時、鯱狗は、
「故郷を思い出せぬ異邦人」だ。

ファシズム”とは、
「政治」を「祀りごと」に、
「回帰」させんとするモノ。

だからこそ「必然的」に、
復古主義」を、掲げるのである。

つまり「神社」である(真顔)。

ソレが「鯱狗のファシズム」の一端ですw



ではでは!