読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

ファシスト見習い。すべては音楽。詩集『円周』。

だから“ナチズム”は「失敗」であった

✳︎

《呪詛と断想の“ファシズム”》

《“ファシズム”の「参照先」は、果たしてニーチェなのか》



“ナチ”は、しばしば。
このように“ナチズム”を「擁護」します。

ナチスだって、悪事ばかりしてたワケじゃないよ!」
アウトバーン建設とか、失業率を劇的に改善したし」
「国民の健康推進や、動物の権利保護も先進的だった」



ファシスト”は、もちろん。
このように“ナチズム”を「批判」します。

「『だから』“ナチズム”は『失敗』であった!」



どうして「政治」が「幸せのカタチ」を、
「規定してやる必要」などが、あるのだ。

ソレを“我々”は、
スターリニズム”と、呼ぶのである!



ファシズム”とは、
もっと遥かに「呪術的」なモノなのだ。

「失業が不幸であるファシスト」がいたら、
職を斡旋してやるべく、“我々”は尽力するだろう。

「病苦が不幸であるファシスト」がいたら、
優れた医者を探そうと、“我々”は奮闘するだろう。

…しかし、“我々”は。

「失業が不幸である」とも。
「病苦が不幸である」とも。

「勝手に決め付ける」コトは、しない。

「貴様は不幸な人間なのだ」と、
「外野から決め付ける」コトは。

ファシストの「美意識に反する」から。



「貴様の不幸は、貴様で規定しろ」

「貴様の幸福も、貴様で規定しろ」



これほどにも、“ファシズム”とは、
「ヒトデナシの政体」であるのだ。

だから“我々”は「アンチリベラル」を、
まったく堂々と、主張し得るのである。

「同情するならカネをくれ!」と心から叫ぶ、
家なき子”には「ファシストの素質」があった。

「己の『不幸』は『カネが足らない』その一点!」
「他に『同情』されるような謂れなんか、無い!」

もちろん、フィクションのお話ではあるのだが、
ソレは実に「アンチリベラルの意志」であった。

「同情するならカネをくれ!」とは、
なかなかの「詩」であったと言える。



すべては。

「詩人が野垂れ死ぬ自由」のため。



ファシズム”とは。

「貧乏長屋の政治」である。



以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました。