社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

炎昼の、深海

✳︎

彩りどりの。

薔薇の園庭を、抜けて。
受付の金魚に、切符を渡す。
錦鯉の学芸員が、愛想良く。
私を、底へと導く。

動物園というのは、嫌いだ。
どうして、あんなにも。
明るく、振舞えるのだろう。

ふと、私は。
繭の中で、糸を吐き続ける。
白蛇の令嬢を、想う。
その、不恰好な羽根が。
懸命に、羽ばたく姿を。
浮かべる。
深海から、仰ぎ見る波間で。
きっと其れは、美しいから。

水槽の、内側から。
宛名の無い手紙を。
瓶に詰めて。
浮かべる。
程無く。
水圧に、耐え兼ねて。
瓶は粉々に、砕け散る。

宛名の無い手紙が。

人工海水の底に、降り募る。

程無く。
水圧に、耐え兼ねて。
水槽は粉々に、砕け散る。

程無く。
気圧に、耐え兼ねて。
私は粉々に、砕け散る。

彩りどりの。

動物園の、ペンギンの餌。