社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

【Dinosaur Jr.】J.マスキスを超えるギターロッカーを

✳︎

鯱狗は知らない(断言)。

メロディーが「温かい」。
ギターリフが「温かい」。
ギターソロが「温かい」。
ギターノイズが「温かい」。
唐突な上モノが「温かい」。
ボーカルが「温かい」。
ヘンな詞が「温かい」。

「技術や演出」じゃなくて「音の根っこ」。
その「手触り」が、これほどに「温かい」。
轟音にまみれて、ヘロヘロに歌うオッサン。
このオッサンほど「温かいギターロック」。

鯱狗は、他に知らないですよ!w



その「手触り」には「四季」がある。

◆春
Little Fury Things (終盤の音の洪水は必聴!)

Nothin’s Goin’ On (鯱狗のイチオシ!)

◆夏
The Wagon (自転車に乗りたくなるw)

Thumb (シロップのように溶けていく、夏)

◆秋
Forget The Swan (最初期からこの完成度よ)

I’m Insane (この上モノ使いは反則w)

◆冬
No Bones (胸が…締め付けられる…)

Alone (底無し沼のように沈んでいく、冬)

とまぁ、代表曲を軽く並べただけで、
一年を通して聴ける名曲しかない!(笑)





二人が、鯱狗にとって「アイドル」なら。

Dinosaur Jr.のJ.マスキスは「ヒーロー」!

鯱狗にとっては「理想のオッサン」ですw

…こんな曲を書きまくっていて、
趣味がスケボーとゴルフって(爆)。

ホンマに、得体の知れないオッサンwww



ではでは!