社畜な鯱狗の妄想雑記

愛即是吾唯足知--精進あるのみ也

偽典・K

✳︎

おとうとは、ひつじを、飼っていました。
おとうとは、ひつじを、可愛がっていました。
おとうとは、ひつじと、幸せでした。

おとうとは、泣きながら。

ひつじを、殴って、殴って、殴って。

殴って、殺しました。

パパは、たいそう、喜びました。

そして、ぼくに、言いました。

「だから、おまえは、だめなのだ」

ぼくは、おとうとを、養っていました。
ぼくは、おとうとを、可愛がっていました。
ぼくは、おとうとと、幸せでした。

ぼくは、泣きながら。

おとうとを、殴って、殴って、殴って。

殴って、殺しました。

パパは、たいそう、喜びました。

そして、ぼくに、ハンコをくれました。

「たいへん、よくできました」

涙が。涙だけが。

パパと、ぼくの、深い絆でした。

パパは、たいそう、喜びました。

パパは、そういう方でした。