社畜な鯱狗の妄想雑記

愛即是吾唯足知--精進あるのみ也

阿呆酔夢の即興、或いは鎮魂歌

✳︎

--なぁ、アンタは。

小腹が空いたから、食うタイプか。
ムラリとしたから、犯すタイプか。
アクビが出たから、眠るタイプか。

惚れたから、愛すタイプか。
憎んだから、殺すタイプか。

死ぬまで批評家で、死ぬまで冷笑家で。
健康で、文化的な人生だな、まったく!

芸術は爆発で、作品なんて、
クレーターに、過ぎねぇよ。

とにかく、殺しちまってから、
どうやら、憎かったらしいと、
ぼんやり、気付いたらイイさ。

愛して、愛して、愛し抜いたら、
惚れちまったと、気付かされる、
そんな気障ったらしい小咄でも。

--なぁ、アンタは。

意味があるから、生まれたタイプか。

意味があるから、生まれたタイプか。
聖処女のケツ穴から、クソに塗れて?

アチラのクレーターがデカイとか、
コチラのクレーターがキレイとか、
死ぬまで批評を続けてりゃイイさ。

--なぁ。

クレーターなんて、結局は。
クレーターでしか、ねぇよ。

クレーターなんか、
見ちゃいねぇんだ。

そうやって、
アンタの火薬が、
湿気っていくのが、
見ちゃいられねぇんだ。

とりあえず、食ってから。
とりあえず、犯してから。
とりあえず、眠ってから。

「はて、どうしてかしらん?」なんて。
ヌケヌケと、小首を傾げて、舌を出せ。

--木っ端微塵に、吹き飛ばせ。

木っ端微塵に、吹き飛ばしちまえば。
誰もクレーターなんか、気にしない。

誰もクレーターなんか、気にしない。



すべての無精卵へ。
ヒヨコの死骸より。

--親愛を込めて。