社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

「プロレス技」の「説得力」を「方程式」で算出する試み

✳︎
(ストック記事放出)

鯱狗なりに、考えてみました!



①物理的な破壊力
×
②レスラーのカリスマ性
×
③決着へのファンの期待
④技の「説得力」



◆ロック様のピープルズ・エルボー
①1×②10×③10=④100

破壊力ゼロに等しいワザ(失笑)でさえも、
ロック様の「カリスマ」を以ってすれば、
100点満点の「説得力」を叩き出す!w


◆棚橋のハイフライ・フロー
①2×②7×③7=④98

正直、マッチョマンが空から降ってくる(笑)んで、
破壊力自体は、もっとあると思うんですが…その、
ぶっちゃけ「点数調整」を入れたせいでして(殴)。


◆オカダのレインメーカー
①3×②6×③5=④90

「ヒール・チャンプ」たるオカダの場合、
③は常に賛否両論で(苦笑)。ソレを強引に、
「フィジカルのカリスマ性」のチカラで、
「捩じ伏せて勝つ」のがレインメーカー


◆小橋の色んな技(vs三沢戦)
①10×②8×③1=④80

鯱狗は映像でしか見たコトは無いのですが。
とにかく、ファンが「三沢なら返す!」と、
ほとんど「決着を期待していない」という。
敢えて小橋のカリスマを棚橋以上としても、
コレじゃあ「説得力」は伸びないですよ…。
やってる本人達は、本気でツラいと思われ。
だって…あとは①を上げるしかないですよ?



いかがでしたでしょうか?(笑)

「威力」ではなく「説得力」で語られる、
唯一の「格闘技」。ソレが「プロレス」!

「高田戦の、武藤の足4の字固め」とか、
「シチュエーション」も含めて、色々と。

「算出」されてみても、楽しいかも?w



ではでは!



※余談
「超(メタ)必殺技」については、コチラw