社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

Winner takes all

✳︎

“戦い”の、たった一つの“原則”を。
「捻じ曲げる」のは、いつだって。



“民主主義”だ。



……クソ食らえ。

鯱狗は“アンチ民主主義”だ。
鯱狗は“ファシスト見習い”だ。

「合法的な選挙(笑)」で、
政権など獲得した時点で。

ヒトラーのナチは、
ファシズム”を「棄てた」。
ソレは“スターリニズム”と結託した、
クソッタレの“ナチズム”でしかない。

ファシスト”に必要なのは、
「ローマ行進」なんだ。
人数なんか「関係無い」。

……なぁ、知ってるか?

「なし崩し」で、ローマ行進を決行した時、
我らが愛すべきドゥーチェは、
「もうダメだ、これでオシマイだ」って(笑)。

他ならぬ、ドゥーチェ本人こそが、
まるで「成功を信じてなかった」んだぜ?w



まったく「愛おしい」よな。



自分の「正しさ」を信じて疑わない、
のっぺりとしたカマトトぶりっ子の、
腐れ“スターリニスト”ども(失笑)に、
ドゥーチェの「愛おしさ」が、理解るかよ?

同じ時代と場所に、
グラマーなお姉様(笑)として、
生まれていたならw

鯱狗は、
ドゥーチェの「愛人」になりたかったね!(爆)
……結婚したいとは、思わないケドw



くたばれ、“民主主義”。

鯱狗は、“蟻”でも“蜂”でもなけりゃ。
もはや、“ニンゲン”ですらないから。

「邪悪」が、“ニンゲン”の「特権」だったのは。

ーー今は昔。

この「心優しいリベラリズム」に覆い尽くされた、
スターリニズム”の「大勝利」した時代にあって。



「邪悪」は、唯一。

ファシスト”だけに。

許された「特権」なのさ(笑)。



ではではw