読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

あれ?…ヒロムって…もしかして…まさか…

続・オカダ推し妄想論

✳︎

16.11.5に凱旋帰国を果たし、ロス・インゴベルナブレスに加入するや否や、
17.1.4に王者KUSHIDAを破り、若干27歳にしてIWGPjrを初戴冠する大金星!





…あれ?

何か…何か、こう…。



「既視感」が、ありません?



…いや、つまりですね?





あの2012年の「レインメーカー・ショック」に、ソックリじゃね?





長期政権を築いていた、本隊KUSHIDAを棚橋になぞらえるのなら、

ロス・インゴベルナブレス内藤が、CHAOS中邑にして外道であり、

ヒロムが、すなわちオカダ。



…よろしければ、鯱狗の妄想に、今暫しお付き合い下さいw



というワケで。

「ヒロム≒オカダ」説に立つとですね?

クソスマートの鯱狗的には、
ある「シナリオ」が見えてくるのですよ。



すなわち。

ヒロムに用意された「シナリオ」は、



「不測の事態」によって「未完」に終わった、
「オカダのシナリオ」を「再利用」している説。



…そう。

以前より、鯱狗は《オカダ推し妄想論》において、

現在の「新日版WWEアティチュード路線リメイク」は、
16年初の中邑&AJ引き抜きに対する「窮余の策」だった、

と主張させて頂いているワケでございます。

…というコトは、ですね?

本来は、また「別のシナリオ」の「用意」があったハズなんですよ!

そして鯱狗は、その「没シナリオ」を…



16.1.4で1年越しの棚橋超えを果たしたオカダによる、

最後の下剋上を目指したCHAOSのリーダー中邑超え。



だったのではないかと、妄想しているのでございます。



…となれば。

ヒロムに用意された「再利用シナリオ」で想定される「最終章」は、



ズバリ、内藤超え。

そして「その日」こそが、



ロス・インゴベルナブレスの、
「幕引きの日」となるのではないかと。

(また今度、記事を書きたいのですが、ロス・インゴベルナブレスは、CHAOSのようにダラダラと引き延ばすことはできません。何故なら、ロスインゴには明確な「テーマ」があり、そしてその「テーマ」には「賞味期限」があるからです…閑話休題)





…いや、分かってますよ?

自分で書いててもですね?





高橋ヒロム…公称身長171cm…。

KUSHIDAよりも小っちゃい…。

ヘビー級だと、ズングリコロコロの、
石井智宏ぐらい小っちゃい…。

ぶっちゃけ、鯱狗より小っちゃい…。

サバを読んでナンボ(苦笑)のレスラーなのに、

小っちゃい…………(涙)。





いやいや、諦めたらそこで試合終了のゴングですよ!

真壁さんオススメのシークレットシューズ(笑)とかを駆使して、
少しずつ、プロレス年鑑の公称身長を伸ばしていくんだ!!!



…割と真面目な話。

鯱狗が応援して止まないオカダを。

「ニセモノの太陽」という「呪縛」から「解放」してくれるのは。

ヒロムならやってくれるんじゃないか…って、思うんですよ…。



「主役」の内藤を引き立てるためだけの「作られたナチュラルヒール」から、

どうやら本人が嗜好&志向していそうな「古典的な尊大小悪党ヒール」へと。

オカダを「解放」してくれたなら。



その時には、ヒロムには、感謝しても感謝し切れません。



以上、今回も御拝読のほど、誠にありがとうございました!