読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

日プロ史上、最も「アメプロに肉薄した」試合…99.4.10東京ドーム

✳︎

第0試合…ノーロープ有刺鉄線電流爆破デスマッチ

あの有名な、エヌヒト様のブログでも紹介されていますねw


まずはもう、試合が始まる前から、

◆「何が『大仁田劇場』だ、テレ朝!ノーTVの第0試合だ!」と息巻く蝶野(笑)。

◆爆破の威力を真鍋アナに見せようと、スイカを爆破する実験で、自分が一番驚く大仁田(笑)。

この時点で「アメプロ」w

そして入場シーンが、もう…w

◆降り注ぐゴミの中でニヤニヤとタバコに火を点け、自分が言って新日に用意させた巨大灰皿(笑)をスカして、懐の携帯灰皿で揉み消す大仁田。

◆葉巻を咥えて(でも火が点いてないwww)、ド迫力のハマーに乗って登場する蝶野。

特に蝶野の「演出」には唸らされて、

◆新日ファンには「大仁田とは格が違う!」と喜ばせる。

◆大仁田ファンには「ケッ、金満新日が!」と苛立たせるw

という「二通りの解釈」を用意しているのが、御見事!



そして、試合。

◆「お仕事」として「淡々とこなした」健介。
(ただ、最後の「火炎放射」は、大仁田の「ブック破り」では?「打合せ」では「毒霧」と伝えておいて、「演技下手(苦笑)」な健介に「ナチュラル」に受けさせたのでは?試合後の「襲撃」自体は「台本通り」でも、あの時の健介は「マジ切れ」していたのでは?…閑話休題w)

◆「パワーホールが流れた瞬間」に「99%役目が終わっていた」長州。

◆そして、「本気」で大仁田を「潰し」に掛かった、ムタもとい武藤(苦笑)。



蝶野は、いずれとも違って。

思いっ切り、大仁田に「寄せた」。

コレ…後述する「理由」を含めて。

「橋本」にも「武藤」にも「なれなかった」。

「蝶野」には、大仁田に対する。



「共感(シンパシー)」があったのではないかと。



実際、言葉を選びながらも、
蝶野には大仁田を「評価」する「発言」が多いです。

◆大仁田のマイクパフォーマンスは「一流」。アレは俺にも真似できない。

◆(ヤングライオンに)大仁田の「入場だけは」良く見ておけ!

◆(ゴミが降り注ぐ大仁田を見て)正直、ちょっと「羨ましかった」。



蝶野が大仁田に「共感」した「理由」。



すなわち、この試合の両選手は。



◆膝をブッ壊したポンコツレスラー

◆首をブッ壊した準ポンコツレスラー



という、悲惨過ぎるマッチメイクだったコト(爆)。

ソレが…「皮肉にも」。

日プロ史上、最も「アメプロに肉薄した」試合を生んだ。

鯱狗は、そう「解釈」しております。



蝶野に、大仁田への「共感」が無ければ、
「両者KO」なんて「決着」は「あり得ない」でしょう。

ソレを「汲み取った」からこその。

「蝶野さん…ありがとよ!!!」

でしょう、あの大仁田のマイクは!w



…今、敢えて「この試合」を「取り上げた」のは。



ポンコツじゃないレスラー」にこそ。

「学ぶべき点」があると思ったから。

「深夜AM3時で視聴率9.9%」を叩き出した、この試合に。



別に電流爆破をやれとも「アメプロ」をやれとも、
そんなコトは、全然考えてはおりませんけど(苦笑)。



17.4.9柴田vsオカダは、本当に、
「その点」でも「素晴らしかった」!!!

「素晴らしかった」だけに…「悔しい」。



内藤は「トランキーロ」。

英語で言えば「Calm Down」。

つまり「落ち着け」と(苦笑)。

(「トランキーロ…あっせんなよ!」は、別に、自分で「和訳」してるワケじゃないですからね?…念のためw)



「今、一番、神ってるトーリーメーカー」である内藤が。

そんな「生き急ぐな」と。

内藤は「Too Much」で「サービス過剰」。

「過剰」過ぎて、「周りを食ってる」。

ソレが…「遠回し」に。

「自分達の首を絞めている」コトに。



「気付くべきタイミング」ではないかと。



あとはケニー。

ケニーも、あの「田口監督」から。

「コミカル」と「シリアス」の「緩急」で。

そこまで「過剰なフィジカル」に走らずとも。

「ファンは沸かせられる」コトを。



「学ぶべきタイミング」ではないかと。



…まぁ、本当にね。

アメプロ志向のロック様信者(笑)風情が。

辺境の辺境で、ガタガタ抜かすなと。

お叱りを頂きそうではございますが(苦笑)。



ウルサイ!!!
ココは!ココは!ココは!
このブログは!

このブログは…鯱狗の…鯱狗の「城」じゃい!!!
(マイク叩き付け)



あっ、ホントにゴメンナサイ!(土下座)

ペットボトルは!
中身の入ったペットボトルは!!!(悲鳴)



…え〜っと(失笑)。

以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました!