読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

新日が「第三世代」を残す「意味」

プロレス論

✳︎

突然ですが、想像してみて下さい。

あなたは、ヤクザの下っ端の構成員です。

ある日、オヤジから、

「敵対する組長のタマを奪ってきてくれ」

と、命令されたとして。

過去に同様の「任務」を果たして、
臭い飯を10年ほど食わされた古参が。

①功に報いて、幹部に取り立てられている。

②無情に切り捨てられて、落ちぶれている。

どちらの場合、
あなたは「覚悟」を決められますか?



…………。



ジュニア時代と根本的な「戦い方」を変えるつもりが無いケニー。

「ピープルズ・チャンプ」として「過酷である宿命」を負う内藤。

G1決勝後バックステージでの痛ましい姿をミラノが伝えた後藤。

…などなど。

ハッキリ言って、鯱狗にはやり過ぎとも思えるのですが、
とにかく、新日主力レスラーのハード・バンプっぷりは、
どんどん、自分達で「ハードル」を上げ続けております。
(ヒロムなんかもう、その最右翼に立とうとしていたり…)



…で。



これを、あえて「経済活動」と捉えてみればですね?

このような「図式」が成り立つのではないでしょうか。



「プロレスラー」は、
「選手生命そのもの」を、
「興行主に切り売り」している。



残酷な表現ですが。

そう間違ってはいないと思います。



しかし、そのように考えた時。

浮かび上がる、素朴な疑問。



プロ野球選手なんかと比べて、
年俸の水準が、低すぎじゃね?



限られた「全盛期」で、
「生涯の収入」を稼ぐ。



そのように考えた時。



「トップレスラー」の年俸でさえ、
「中堅野球選手」と同等以下の「現実」。



まさに「中堅野球選手」の「おカネ」を主題にした、
異色の野球漫画『グラゼニ』と比較したら、もう…。



ヘタに漫画化とかできないぐらい、
「厳しすぎる」プロレスの「現状」。



イイですか?

「国内最大手」の新日でさえ、そうなんです。

…そして。



かつて、ハード・バンプの「極北」を描いた、
90年代後半、三沢達の「全日四天王プロレス」。



「何故」



三沢達は、馬場元子オーナーの全日から、
「大量離脱→新団体設立」に至ったのか。

その結果…最終的に。

「新団体」は今、どのような「状態」か。



「全日四天王」は、「どうなった」のか。



「そこまで」を踏まえた上で。



…鯱狗は、こう考えます。



木谷オーナーは、

「善処しようと心掛けている」と。



まずはもちろん、

WWEによる主力レスラーの引き抜き」

という「目の前の脅威」を踏まえて、
主力の年俸アップを吟味していること。



そして、表題の件。



「第三世代」…特に中西、次に天山について、

今もなお「生かそう」と考えていること。



…分かりますか?



現在の「主力」のハード・バンプに、

とても「ついていけない」。

それどころか「マトモに動けない」。

そんな「老犬(byリック・フレアー)」を。



「リングに立たせる意味」



…イイですか?



現在の主力レスラー達が。



「自分の選手生命を切り売りすること」に。



「恐怖」を、感じていないとでも??



おカネだって、もちろん「不安」です。

そして、「リングに立てなくなる恐怖」。



「リングの魔性」は、映画『レスラー』でも、
イヤというほど描かれています(というか主題)。

…大仁田とかいうクソジジイなんか「ジャンキー」ですよ(苦笑)。

天龍みたいに「腹一杯」と言い切れるレスラーは、本当に極稀。

つーか、天龍だって、引退は65歳!!!(笑)



…それだけ「魅力的」なんです。

「リングに立つ」ことは。



だから。



「第三世代」を「切り捨てない」ことは、

「現在の主力」への「メッセージ」になる。



この「新日本プロレス」は。

「命を懸けるに足る会社」だと。



それが、鯱狗が冒頭に発した「喩え話」。



極端な話。

首を壊して「レスラーとして死んだ」、
そうでなくても「岩塩」だった、
ワールド・フェイマス(笑)さんを、
未だに「再生できないか」試みるのも。



そんな「メッセージ」の一環かもしれない。



「残酷な第三者」で「クソスマート」の鯱狗ですが、
それでも「アイツは契約もう切っちゃえよ」だとか、
なかなか軽々しくは口にできない、一つの「理由」。



…だから、あとは。



「やりがい搾取」とか言われないよう、

ビッグな会社になって、ビッグなカネをバラ撒けるよう、

なぁ、そうだろ??



新日本にカネの雨を降らせてくれよ!!

レインメーカー!!!(笑)



(…実際には内藤サンの御仕事なのは内緒)



以上、御拝読のほど、誠にありがとうございました!