社畜な鯱狗の妄想雑記

より良く、生きましょう!

内藤が、頑張っても、頑張っても…(或いは「捻れた鏡像」の話)

✳︎
というワケで、前記事の通りw

これだけ「ヒールに徹しよう」と、
内藤は「頑張ってる」のに!のに!

…少なくとも「ネットの声」を見る限りは。



「内藤の言ってることがホント正論!」

「ベルト蹴りを非難する『お子ちゃま』は、ちょっと黙っててね(^^)」



こんな「内藤支持」ばっかだぞ!(爆)

決戦間近、どうする、内藤!!?(笑)



…………。



…結局のトコロ。

内藤の「根っこの根っこの部分」は。



「ベビーフェイス」なのだ。

依然、変わるコト無く。



「ベビーフェイス志向」なんて「表現」。
彼にはもう「要らない」のかもしれない。



一部には、
「もうイイ加減に、オカダはフェイスターンさせたら?」
という声を見受けますが。

確かに、オカダは「根性しかない中卒レスラー」ではある。

でも…「根っこの根っこの部分」は。



銀の匙を咥えて生まれた男」なのだ、やはり、オカダは。



だから、オカダは「ベビーフェイス」には、たぶんもう「なれない」。
柴田戦後の「マジック」だって、いつかは「忘却」を免れ得ないから。



藻掻き、苦しんで、挫折を知る。

「等身大の僕らのヒーロー」は。

紛れも無く「内藤哲也」であり。



「プ女子のお姉様(偏見)」では、
鯱狗は、ございませんが(苦笑)。



「愛おしい」ですよ!(爆)

オカダも、内藤も、ええ!!!w



「ヒール」のように振る舞っても、
「ヒールにはなれない」、内藤。

「ヒーロー」のように振る舞っても、
「ヒーローにはなれない」、オカダ。



「捻れた鏡像」が、そこにはあって。

「銀の鏡」には、或る日、一人の男が。

莫迦げた…本当に、莫迦げた頭突きで。

確かに「ヒビ」を入れて、静かに去った。



「捻れた鏡像」が、再び「焦点を結ぶ」のが。

「そう遠くない」コトを、私達は知っている。

EVIL、ヒロムの「成長」が。

内藤の「悲鳴を上げる肉体」が。

否が応でも、ソレを「教えてくれる」。



その時には…どうだろう?



鯱狗は、
「オカダを応援しながら」
「内藤の勝利を心底願う」
のかも、しれませんね(苦笑)。



ではでは。