読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

社畜な鯱狗の妄想雑記

プロレスとか雑食系。《オカダ推し妄想論》を不定期更新。

Fat Joe … aka「破れパンツのジョーイ」(すっとぼけ)

✳︎

Flow Joe
(from 1st Album “Represent”)



「ほら、見ての通りのさ、デブ(Fat)だろ?(笑)」
「だからパンツのケツが、いつも破れてた(爆)」
「それで『破れパンツのジョーイ(Joey Crack)』」

「…それ以外に『深い意味』は無ぇよ(ニヤリ)」

などと、自身の「渾名の由来」を嘯く、
巨漢のプエルトリコ系・白人ラッパー。



彼の「師匠」KRS-Oneとの「出逢い」は。



銃声が鳴っても、誰も気にしない。

ブロンクスの裏通り。92年のこと。



精製コカイン…すなわち「Crack」を捌いていた。

悪名の響く「Joey」を訪れて、KRSが切り出した。

…Joeyの腰に提げられた、大口径の拳銃を横目に。



KRS「…アンタのラップを聴いたよ」
Joey「ただの趣味さ…でも光栄だね」
KRS「アンタには、フロウがある」
KRS「俺と一緒に、音楽をやろう」
Joey「…あいにくだけどよ」
Joey「俺は、食ってくだけで忙しくってね」
KRS「チッ…何か、勘違いされてんな」

KRS「俺は『音楽で食おう』っつってんだ」
Joey「…!?」

KRS「アンタが『売るべきモノ』は!」
KRS「『こんなモノ』じゃねぇんだ!」

KRS「付いてこい…今からスタジオだ!」



そして録られたのが「Flow Joe」であり、
Fat Joe Da Gangsta」が誕生したーー。

っていう「プロレスラー的な伝説」ね!(爆)



The Shit Is Real



…地元じゃ「有名な売人」だったのは、「ガチ」で。

「レペゼン(出身フッドを代表する誇り)」って言葉を、
業界で流行らせたのは、この1stの「タイトル」から!



00年代以降は、ラジオフレンドリーな「セルアウト」路線で、
時たまクラブヒットを飛ばしてるイメージが強いですが(苦笑)。

All The Way Up
(Terror Squad以来の、釈放されたRemy Maとの「和解作」にして、最新ヒット!)



…しかし、2010年の“The Darkside Vol.1”のように。

I Am Crack
(「犯罪実録モノ」仕立てのハーコー曲!)

「腰の銃を抜く」ようなDopeなShitを、
突然、ブッ込んできたり、油断は禁物!





…何故に、唐突にFat Joeって?



いや、前記事で、ですね?

確信犯(←誤用)的な、明確な「意図」で、
「Ni※※er」という「Nワード」を用いた、
「白人」のMarilyn Mansonを取り上げて。

Sweet Dreams (Eurythmics cover)
(カウボーイハットを被って、豚を乗り回して、「狂気のミンストレル」を演じる人ですので…)



それじゃあ、

「逆に、Ni※※aと口にして」

「一番『違和感の無い白人MC』は?」

と…考えた時に。



やっぱり、この「オリジナル・ギャングスタ」かなってw

あの、D.I.T.C. (Diggin’ In The Crates)のクルーですからね!



それでは…お別れは。

レインメーカー」な、この曲で!(爆)

Make It Rain
(Lil Wayneも今度、取り上げたい…)



ではでは!

「パラドクス」の歌を、もう一つ

✳︎

Marilyn Manson - Irresponsible Hate Anthem
(from 2nd Album “Antichrist Superstar”)

(オレ達は愛を憎む!)
(オレ達は憎しみを愛す!)
オレは憎悪者を憎み
オレは強姦者を犯す
オレは自分自身にさえなれない愚か者
クソ食らえ!!!!!
誰もが、誰かにとって黒んぼニガーさ



「無責任極まりない憎しみ賛歌」

ファンの間では、通称「国家(笑)」。
(Marilyn Mansonがそう自評したw)

初期曲にして、ライブの「鉄板」。
初期曲だけに、くっそシンプルw
(鯱狗もベースを真似して弾いたw)



…しかし、96年の時点で「このテーマ」。



やっぱり全盛期のMarilyn Mansonは、
インスピレーションがハンパ無いわw

I’m a fucking walking paradox, no I’m not

✳︎

Tyler, The Creator - Yonkers
(from 1st Album “Goblin”)

オレはクソッタレの歩くパラドクス
ってワケでもないのかな



「造物主(The Creator)」を自称する、タイラー。

延々と押し寄せる矛盾のカタマリであると。
自覚をしたタイラーが、遂に「見付けた」。



スマートな「解決策」で。

ビデオは「終わる」。



…しかし、「本当」は。

この曲には「まだ続き」があるのだ。



ソレもまた、「パラドクス」。



「逃れられる」ワケ、無いだろ?



「造物主」が、嘲笑する。

高級フレンチはお好き?(注:高級フレンチの話題ではない)

✳︎

高級フレンチ大好きですか、それは何よりw



…では、カップラーメンはお好き?



えぇ!?カップラーメンも大好き!??



おかしいでしょ!!!

高級フレンチが好きなのに、カップラーメンも好きなんて!(怒)

うわぁ…見損ないましたわ…(軽蔑)。

カップラーメンなんか大好きな人が、
高級フレンチを語らないで下さい!(>_<)





…柴田vsオカダは「至高にして究極」。
これからの新日の「マイルストーン」。

でも「業界イチ痺れるワザ」が、
ピープルズ・エルボーなのは譲れない!
ピープルズ・エルボーこそ「説得力」!



ヨシタツだってウォッチしちゃうw
大仁田だってウォッチしちゃうw

「醜い負け犬のサバイバル」は、
「それ自体」が一つの「ショー」。

Life is just a show
And the show must go on
(自作ラップのパンチラインより引用w)



臍の緒で首吊りしかかって、
帝王切開で出生した鯱狗は、
「自分は脳障害者かもしれない」と、
今でも疑っているし、まぁ実際、
「生き死に」なんて「そんなモノ」。

「先進国・ニッポン」に生まれたのは、
前世で功徳を積んだからとも思わない。
「ファッキン・アンチリベラル」上等(笑)。

「自力」でソコソコの大学を出て、
「自力」でソコソコの会社に入ったとも、
思わない。

「すべては阿弥陀佛の縁」かもしれない。

親鸞こそ「宗教者の彼岸」だと思ってる。
「社会道徳の規範であること」さえも、
「投げやりに放棄した宗教」なんてさw



鯱狗もまた、結局のところ。

「醜い負け犬」の一匹でしかない。





何一つ…何一つ「矛盾」しない。

「鯱狗の中」ではね(苦笑)。





「プロレス」って言葉が、
バズワード」であるなら。

確かに。

「人生」は「プロレス」だ。





…ダラダラと妄言を書き綴りましたが。

鯱狗は、IC王者ではございませんので。

ファミレスじゃなくってね?(苦笑)



誰か、高級フレンチ奢って!!!(殴)

《17.4.9柴田勝頼vsオカダ・カズチカ》を「総括」して…「明るい未来」しか見えねぇよ!!!

✳︎

相も変わらぬ「オカダ飽きた」の声など聞きながら。

…いや、ホント。

「プロレス観」なんて「自由」なんで。

「マニアのマウント合戦」をする時代は、
ターザン山本と共に「オシマイ」なワケで。



あの17.4.9。

先日も、僭越ながら御紹介させて頂いた、
例えば、駒沢シバティスト様とは。

《桜の木の下》



絶対に「同じ試合を観てた」と思います。

《駒沢シバティスト様への私信のような長文》



しかし、あの試合を観て。

「お決まりの結末」
「はいはいレインメーカー
「オカダ飽きた」

って…いや、割と本気で。



「同じ試合を観てた…?」って(汗)。



敢えて…敢えて「危険な表現」をするなら。

「あの日」の柴田は、「死んでも良い」と。

「死んでも勝って、俺がIWGPを巻く」と。

それだけの「決死の覚悟」で、挑んできて。

「やっちゃいけないレベルの頭突き」まで繰り出して。

「やっちゃいけないレインメーカー受け」を敢行した。

最後まで「カウンターを諦めていなかった」柴田は、
アングルだブックだ、せせこましい話を「超えて」、
絶対に「死んでも勝つ」つもりだった。「本気」で。



それを、「振り抜いた」。

オカダの「最後のレインメーカー」。



「飽きた」どころか。

「初めて」見ましたよ。

「あんなレインメーカー」は。



それまでの鯱狗は…正直、「オカダ飽きた」の声さえも、
「ヒールチャンプの華」とニヤニヤする、まぁ悪趣味な、
「自称クソスマート(失笑)」だったワケですけど(苦笑)。



《ああ…そうか…オカダは…》



「今のオカダ」は。

「作られたヒールチャンプ」の「枠を超えて」。

IWGP」を背負う。

新日本プロレス」を背負う。

「日本のプロレス」をも背負わんとする。



「本物のチャンピオン」だと。



鯱狗は「確信」しております。



…まぁ、こんな「書き方」をしたら。
「反発」があったって仕方無いとは、
そりゃ自覚していますよ、ええ(苦笑)。

「オカダ信者キメェ」ウェルカム!
「オカダ信者くっさ」ウェルカム!

いつ何時、誰の挑戦でも(殴)。



オカダが「アホを抜かした」と思ったら、
「オカダがアホを抜かした」と弄る。
《オwカwwダwww》

オカダが「バカな真似をした」と思ったら、
「オカダがバカな真似をした」と怒る。
《オカダァァァァァ!!!!!(怒)》

誰かにカネを貰うワケでもなく、
ただ、思うがままに書いてきた。



ファレにはホント、
「貧乏クジ」を引かせるような格好で、
ヒデェなぁブッカーと思いますが(苦笑)。
《グッドラック・ファレ!》



…大方、各所で囁かれる通り。




ケニー相手に「落とす」んでしょ?



「見え見え」と批判する気も起きませんが。



むしろ…「想像」しちゃいますよ。

あの「プロレスバカ」のケニーが。



「…ハハッ…ハ…ハ…」

「『このオカダに勝て』って…?」

「…クレイジーだね…」

「あの1.4よりも…断然に『強い』じゃないか…」

「…ハハ…『ゾクゾク』してきたよ…!」



って、「武者震い」をしてるんじゃないかって(笑)。



或いは、「もう一人」の「プロレスバカ」だって。



「…ッ…オカダぁ…!」

「どこまで、オレの前に立ち塞がり続けやがる…!」

「…渡さねぇ…オレの時代は、渡さねぇ…」

「…フフッ、トランキーロだ…」

「二の矢、三の矢…オレの策は尽きねぇんだよ…ッ!」



って、「闘志を燃やしてる」んじゃないかって(爆)。

(内藤は、コレぐらいジェラシー剥き出しの方が、マジ萌えるよね!w)



…まぁ、あとは「両者」とも。

「フィジカル」ではなくって。

「スピリット」で対抗しなきゃ。



オカダどころか、「柴田を超えられない」。



「そこんトコロ」について「理解できない」ような、
「三流レスラー」だとは、もちろん「思いません」。



「ハードル」はトンデモ無く、
「上がった」ワケですが…ねw



…いやぁ、書いても書いても「書き足りない」し、
書けば書くほど「情緒不安定なヤバい人」だ!(爆)



《2017 SAKURA GENESIS



そうだ…「創世記(ジェネシス)」なんだ!



今の「トップレスラー達」が!

「あの試合」を「受け止めて」!



「昇華」できないワケが無い!!!!!



「明るい未来」なら、いくらでも「思い描ける」!

《「レフェリー・柴田勝頼」は普通にアリっしょ!…「バカ真面目」サイコロジー



柴田勝頼は「生きてる」ぞ!

柴田勝頼は「生き続ける」ぞ!!

柴田勝頼を「生かし続ける」んだ!!!



「オカダだけ」じゃない!

ケニー!内藤!棚橋!そして後藤!(爆)

未来を担うヤングライオン!!!

「トップ」を!「張りたけりゃ」!!!





柴田勝頼」を「超えていけ」!!!!!





「明るい未来」しか見えねぇ!!!

「明るい未来」しか見えねぇよ!!!



以上!!!!!!!

余談…エルガン&ファレの「超獣タッグ」なら、こんな「ストーリー」もw

✳︎

(バックステージにて)
Mike “…Hey, Yoshi-tatsu”
Mike “You speak English, right?”
Yoshi “…Yeah, you know where I’m from”
Mike “OK…please, listen to me while”
Mike “I can’t…I can’t believe in him”
Yoshi “Ahh…you talkin’ bout, Fale?”
Mike “…Yeah…”



というワケで(笑)。前記事より。

ファレの「転向」を「信頼」できないエルガン。
エルガンの「信頼」を得ようと奮戦するファレ。

その「ギクシャクとした隙」を狙う、
矢野であったり、ケニーであったりw

とまぁ例えば、こんな感じであれば、
「超獣」であっても「無敵」ではない。

「タッグならでは」の「見所」も、
色々と作りようがあるのではないかと。



…CHAOS後藤は、アレよ。

「始めから」、石井と「息を合わせ過ぎ」でしたね(苦笑)。

もうちっと「ハラハラ」させてくれなきゃ、ねぇ?(溜息)



ではでは!

グッドラック・ファレ!

✳︎

え〜、ここ数日。

「『今のオカダ』の前には『NJC準優勝』のファレなど『瞬殺』」

と、声高に主張していたワケですが(苦笑)。



…いや、でもホントはね?

ファレ選手自体は、むしろ好きです(小声)。



というワケで!!!(強引)



ファレを「咬ませ犬」で終わらせない、
鯱狗なりの「プラン」はズバリ!



オカダに惨敗したファレ。

ケニー&THE ELITEにより。

バレット・クラブ追放!!!



しばらくは「はぐれ狼」状態で。

ケニーとファレの間で揺れる、
タマちゃんとの「三角関係」もアリ(爆)。



しかし、最終的には!

ケニー&THE ELITEに、繰り返し、
「集団制裁」を浴びるファレを…。




キャプテン・ニュージャ(カーーーット!)



【TAKE 2】

そう、「青義の味方」!


かつての「愛弟子」を、救い出す!!!

男泣きのファレ、本隊入りを決意!!!

そして、日本語解禁!!!


ええ、かつて書いた、この記事ですよ!w





…という、鯱狗的な「プラン」には。

それなりに「背景」もございまして。

つまり。

本間選手、そして柴田選手が離脱した今。



「本隊」が「ガッタガタ」であること…(ー ー;)



確かに、間も無く。

「ワールド・フェイマス(笑)」

「アレナメヒコのメインでボラドールJr.と異例のシングルを張った男(笑)」

我らがヨシタツが帰ってくるのは、
ヒッジョーに心強い(棒読み)ですが。

(と言っても、ヨシタツの「イタ塩さ」こそ「笑い事」で済みますが、彼の「首の既往歴」はまったく…まったく「笑い事」じゃ、済みませんからね…?)

「ヤングライオン上がりの忠実な生え抜き」のファレで、
「補強」を図るってのは、あながち、やぶさかでもない。

「懸念」としては…エルガンと「被り過ぎ」問題ですが(苦笑)。

いっそ開き直って、
エルガン&ファレの「超獣コンビ」を、
タッグ戦線の「目玉」に置くのもアリw

GBHが休眠状態で、テンコジ任せってのは、
流石にねぇ、色々とツラいですし…(苦笑)。

インパクト」は、ハンパ無いですよ!w



…といったトコロで。

決して、鯱狗が、
「ファレ憎し」で「ファレ瞬殺」と、
叫んでいたっちゅーワケではないのは、
お判り頂けましたでしょうか…?(小声)



「今のオカダ」は、ちょっとね。

「説得力」がコスチューム着てるようなモンで。

「相手が悪過ぎる」んですよ…(苦笑)。



ではでは!